I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

モアイ像ティッシュ発見!

ちょっと前、TVで宮崎の東国原知事特集番組を観ていた折に登場した、と〜〜〜っても興味そそられたモアイ像テイッシュケース。知事はこのユニークさを大絶賛していたんですよね確か。このアイデアは素晴らしすぎる(笑)。実家で親と一緒に爆笑ですよ。

いつか本物を見たいな〜って思っていたら・・・なんと!!!
先週、友人と行ったアジアン&多国籍料理のお店"asian kitchen mu-tau"で発見!嬉しすぎて写真撮っちゃいました(笑)。奇遇にも、ホントにお目にかかれるとは・・・!!!


b0060647_20562369.jpg



俄然、興味を持たれた方へ。
もっとすごいバージョンが売られてます!!如何?!
mono ONLINE :EXPRESS

で、なんで宮崎にはモアイ像?!って思った方は、コチラ↓。
"サンメッセ日南"
[PR]
# by fushigi.chan | 2007-03-25 21:22 | etc...

ラーメン・オムニバス

群馬県民の麺好きは、全国的にも有名なんでしょうかねぇ???
たまたまネットしてて見つけたサイト上で知った事。群馬県は、全国一麺のお店が多いらしい。しかも、何故か?!お隣の蕎麦一大産地長野を抜いて蕎麦屋の数も堂々1位。イタリアンも確か1位。うどん屋は、讃岐うどんの香川に次いで確か2位。すごすぎる、群馬。流石・・・。残念ながら、そのサイトをもう一度探す事が出来なくて。
私、ラーメン屋さんは1年に1〜2回程度しか行かないのに、今年に入ってから既に3件も行ってるんです。どうした事か・・・。


たかべん:(高崎駅 0番線)
今年初めの都内青山某所での美容院にて。髪を洗ってくれた男の子が群馬出身で、地元ネタでちょっと盛り上がり…。その男の子が「学校帰りによく立ち寄った、高崎駅0番線“たかべん”のラーメンの味が忘れられないんですよ〜。すっごく素朴な味でイイんですよね〜っ」て。以前週刊朝日にも紹介されて、雑誌の切り抜きを飾ってました。「駅の立ち食いで出会った逸品」って。確かに、素朴な味。そして、安いっ!!

b0060647_201714100.jpg



大黒屋本舗:(高崎市下小鳥町西浦54 )
ちょっと前に地元の針灸の先生から教えてもらった美味しい処。
ビックリですよ!!!この山のようなもやしに、ぶ厚いチャーシューが側面にペタペタ・・・。麺は太麺で、かなりコシがあって美味しい。豚の背油がたっぷり浮いているのだけれど、全然しつこくなく美味しく頂けました。因に、麺の量は選べて山もやしとチャーシューはオプションです。

b0060647_20212863.jpg



環七:(高崎市中央銀座通り)
私は"味噌チャーシュー"、友人は"塩チャーシュー"。
二人して食べた瞬間の後の会話を・・・

私:「・・・」
友:「・・・」

私:「・・・ねぇ、この生臭系の"かほり"はいったいなんでしょか?」
友:「だね。 ・・・・・・ギョ(魚)じゃない?」

私、チラッとメニューを見る。

私:「・・・あっ、ホントだ。「とんこつベースに魚」。流石…。」
私:「う・・・そして、この微妙な○○モ○○臭。これは、だるま大使(有名なラーメン屋)系ですね。だるま大使よりは軽いけれど。きっと、好きな人は好きなんだろうな、この個性的な味は。」

b0060647_20341225.jpg



番外編<うどん>
初代てぶちや:(伊勢崎市)
ラーメン屋で有名な“ちなり”オーナーのお兄さんが隣でやっているうどん屋さん。本当はちなりへ行く予定だったのだけれど、前日から「うどん気分」に浮気。このおうどん、美味しいです。つけ汁も美味しいのだけれど、ちょっと味が濃いかな。かつおぶしがかなり効いてます。チャーシュー丼も美味しかったですよ。

b0060647_20411071.jpg

[PR]
# by fushigi.chan | 2007-03-24 20:41 | foods

文化の違い "bread" vs "baguette"


b0060647_18575315.jpg

VS

b0060647_1944206.jpg




とっても久し振りにバケットを買ったのです。
そして、フト、思ったのです。

・・・これって文化の違いだよねぇ。

かたや『台座』としての"bread"
かたや『主食』としての"baguette"
ドーバー海峡を挟んだ両国で、こんなにもパンの位置づけが違うなんてな〜、面白いな〜。って、眺めてみました。
baguetteは、"pain perdu"(パン・ペルデュ)にしました。これは、バケットで作った、フレンチトーストの事。買った次の日に乾燥もさせず…、ちょっと邪道に?!ミルクティーで作って、上にかけたのはゴールデンシロップ。


b0060647_19272117.jpgゴールデンシロップ:
数年前からのファン。私が使っているのはニュージーランド産です。イギリスでは、数百年前からお菓子の材料として等、欠かせないシロップです。ちょっと苦みがあるところが是又良し。白砂糖を精製する時に出来る副産物の、栄養豊富な黒い糖蜜の事をいいます。黒糖とはちょっと違う味わい。
スコーン、パンケーキ、ワッフル、アイスクリーム等のトッピング。又、和菓子にも良し。私のオススメは、トーストの上にカッテージチーズ&アボカドのスライスをのせてシロップをかけるのが大好き。蛋白な味わいの食材を引き立てるのかな?!とにかく、とても相性がイイですよ。
リンボウ先生が著書の中で、何者だ?!と言ってらっしゃるゴールデンシロップの正体はコレ。そのくだりを読む度に、これなんですよ〜って思うのだけれど(笑)。もう、ご存知ですよねきっと。イギリス関連の著書がでたのは結構前だから…。
[PR]
# by fushigi.chan | 2007-03-24 19:31 | foods

お助け横町(←"丁"じゃなかったんですね。訂正!)

富岡製糸場に行った折、駐車場から出て直ぐの路地にこんな看板が下がってました。なんだか惹かれて・・・。駐車場整理をしていた方に、あの『お助け横町』って何ですか?!と興味津々で尋ねたら、やっぱりちゃ〜んと由来があったんですね。とっても楽しく大変丁寧に質問に答えて下さって!話が盛りあがりました。こんな触れ合いもと〜っても楽しいです。好きなんですね〜、こういうの、私(笑)。

b0060647_18353957.jpg


昔昔、その昔。病気になっても薬が無かった時代。人々は病気の回復を願い、ここの路地を訪ねて、この石(上部が丸くツルツルしている2つの石)の頭を撫でていったというお話。数年前まではしめ縄が飾られていたという事ですが、今は何〜もありません。ただの石と思って通り過ぎ去られるだけの存在になってしまったこの石達。でも、とっても歴史があって、そして存在しているんですね。その名残を惜しんで、こちらのお宅で『お助け横町』と掲げているそう。アレ?!もしかしたら、その時代もそう呼ばれていたんだっけ?忘れちゃった。
横町って、普通「○○横丁」ってなるけれど、”町”ってつけたのは、この掲げたお方のユーモアなのかな〜?!


b0060647_18481538.jpg

[PR]
# by fushigi.chan | 2007-03-24 18:55 | etc...

群馬県 "富岡製糸場"

昨日、世界遺産登録に向けて話題の富岡製糸工場へ行ってきました。灯台下暗し、近くにいながら一度も行った事がなくて"...Finally!"って感じです。
私の中では、地元のみ意識が強かったのですが、世界遺産登録へ!なんて話を聞いて、初めて、改めてその価値を知ったと言うか…(恥)。

ではでは・・・、私は富岡製糸場のHPでは紹介されていないようなトコロを、写真でご紹介したいと思います♪

こちらは、操糸場内。御法川(みのりがわ)式繰糸機ですかね、これは。ちょっと何時の時代のがこうして残っているかまでは知り得ませんでした。ここで面白い事に気がつきました。創業当時は「操糸器」と言われているのに対し、官営工場払い下げになった後に高品質の生糸が生産される様になったら「操糸機」だなんて(ふふっ)。メーカー勤務の私としては、注目したい言葉の変化ですね(笑)。
b0060647_1154389.jpg



こんなのちょっと可愛い。懐かしいな〜黒板。
b0060647_1154153.jpg



珍しいと思いませんか?!木の電柱です。街路灯がイイ雰囲気出してます。強風の吹き荒れる澄んだ青空を仰ぎ見たら、なんだかタイムスリップしたかのよう・・・。
b0060647_11542736.jpg



このレンガ。中央にある刻印なんだか分かりますか?!
これは、レンガを製造した会社の刻印なんです。普通、刻印されている面は内側に積み上げられるのですが、たま〜に表に出ちゃっているのがあります。これは、東繭倉庫の操糸場側壁で見つけました。ちゃんと「この刻印はこの会社」というリストもあって、それで調べれば、この刻印からレンガ製造会社が分かるんです。
b0060647_11544032.jpg



当時としては大変先駆的職場環境(1日8時間勤務・日曜は休日)で良家の子女が働き、ここに関わった上官達も、大変素晴らしい方達だったとか。遠くから働きにきていて亡くなって故郷に帰れない人は、きちんと埋葬されてお墓もある。これって、当時としては大変珍しい事なんですって。働く人の為に、規則があり工場があったという当時では革命的な就業形態だったんですね。富岡製糸場が広く「コの字型」に作られているのも、そういった職場環境を考えての事なんです。と、まぁ写真でご紹介はこんな感じですが、百聞は一見にしかずですね。興味を持たれた方は、是非、足を運んでみて下さい。そして、解説員の説明付きで見学される事をオススメします。私はチョコチョコ聞きかじっていただけだったのですが、なんだかとても面白そうでしたよ♪
[PR]
# by fushigi.chan | 2007-03-19 13:02 | etc...

Belgisch Bier "DUCASSIS"

以前、株講座開催に於いて、ベルギーから韓国へ場所を変更したという話をしましたが…。そのリベンジ?!として後日、講師のお二人に、ご馳走になったお礼も兼ねてベルギービールをプレゼントしたのです。
1人は、ベルギービールをこよなく愛する人でめちゃくちゃ喜んでもらえました。本当にすっごく喜んでくれて、嬉しビックリです(笑♪)。
私が行った酒屋さんは、20〜30種程(?!)のベルギービールを取り揃えていて、選ぶのもとっても楽しかったですよ♪
1人3本で合計6本。選ぶ時は直感で、全て違う銘柄を購入。ラベルが、可愛かったりカッコ良かったり、瓶のカタチも様々でしたし、見ているだけでも楽しい。なんだかワインみたいな感覚ですね。

せっかくなので、自分用にも↓買いました。ビールは苦手なのだけれど…、ベルギービールなるもの、飲んでみたかった。カシスを使ったビールをご指名。何故か、苺と一緒に。私の中ではシャンパンの感覚に近くて・・・なんてね(笑)。
ほんのりカシス香味が美味しかったです。でも、やっぱり苦手感は拭えない・・・。生のベルギービールも飲んでみたいですね、興味はある!

b0060647_1941551.jpg

[PR]
# by fushigi.chan | 2007-03-17 19:55 | foods

yellow tail ~CHARDONNAY~

yellow tail ~CHARDONNAY~
かなり売り出しをしているので、ず〜っと気になっていてちょっと前に買ってみました。最終的なキッカケは、"Winart"(ワインの雑誌)で阿川佐和子さんが「yellow tailもよく飲む」って言ってた事。じゃぁ、飲んでみようかなっていう私の動機もよく分からないけれど(笑)。
普通に飲んでみたけれど、なんか違う。なんだか期待していたのと味が・・・味が・・・。で、たまたま、ある夜、クリームチーズがあったので珍しく少々こってり系パスタでも作ろう!と、にんにく・唐辛子・オリーブオイル・クリームチーズだけでシンプルに作ったのです。
そうしたら、やっぱりここはワインも一緒に、と。数日前に開けたyellow tailを取り出して来て・・・・・

なんと!!素晴らしくパスタとワインが合って美味しいじゃありませんか!!!嬉しくって全部空けました。感謝。
相性ってあるんですよね〜。まぁ、でも単純に料理とワインの相性だけではなく、好みなんだけれど。

このパスタが"yellow tail"を格上げして、"yellow tail"が、パスタを更に美味しくしてくれたんですね〜♪
パスタで使用したクリームチーズが、この時は珍しくアメリカ産のだったんです。ヨーロッパレシピのクリームチーズとはちょっと味わいが違うのです。どう違うかって言われると、思い出せないのですが…。
ワイン飲みながら「あ〜これで、フィラデルフィアとかkiriじゃ合わなかったなぁ〜」って感じたから。

b0060647_19165349.jpg

[PR]
# by fushigi.chan | 2007-03-17 19:18 | foods

天然わら納豆

b0060647_1839589.jpg


天然わら納豆「ふくふく」 

コレ、美味しいですよ!久々に納豆で感激しました♪
今迄は"平家納豆大粒"が一番好きでしたが、これも殿堂入り。
一般に販売されている納豆は、純粋培養された納豆菌を使用しています。普通に市販されている"わら"に包まれた納豆も純粋培養納豆菌がほとんど。ですが、この「ふくふく」は、わらに生息してる天然の納豆菌を活用して作られたもの。なので、天然本物の逸品。勿論、大豆もわらも無農薬。
この、納豆独特の・・・う〜ん、なっていったらいいんだろう。純朴な・・・う〜ん(笑)。口の中で、豆一粒一粒が独立して舌に味を伝えるっていうか・・・。とにかく、お試しあれ!
[PR]
# by fushigi.chan | 2007-03-17 18:57 | foods

Le Petit Prince ~6

Il tomba doucement comme tombe un arbre.

  〜彼は1本の木が倒れるように、静かに倒れた。〜


b0060647_1704617.jpg

[PR]
# by fushigi.chan | 2007-03-11 17:02 | etc...

Le Petit Prince ~5

Je ne puis pas jouer avec toi, dit le renard.
Je ne suis pas apprivoise.

〜「おまえと遊ぶことはできないね。
    まだ馴染みになってはいないからね」と、狐が言った。〜


b0060647_1632119.jpg



b0060647_16541982.jpg


Voici mon secret.
《On ne voit bien qu'avec le coeur.
    L'essentiel est invisible pour les yeux.》

〜秘密の贈り物:ものごとは心でしか見ることができない。
   大切なことは目には見えない。〜
[PR]
# by fushigi.chan | 2007-03-11 16:47 | etc...


カテゴリ
以前の記事
Link
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧