I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

PHOTO CONTEST 2007

臨時開業(笑)。
今年の社内フォトコンテスト、なんと・・・


 グランプリ受賞!!!


しました。
過去最高109点の出品中、栄えあるグランプリ。
フリー/風景/ファミリーと3部門あり、それぞれグランプリが決定されます。
私は、フリー部門での受賞。

出品したのは、以前ブログでもupした"L'Arlésienne"。
今年4月、南仏"アルル"の路地裏で撮った写真。
この美人猫とはアルルでの出逢いだったので、タイトルを"L'Arlésienne(アルルの女)"に。

Mais..., 社内報に掲載されたタイトルが違っていた・・・。
本当は"L'Arlésienne"のところ、フランス語独特のつづり字"é"のアクサン・テギュがきちんと真上に付いてなかった。このアクサン・テギュがついていることで、フランス(語)であり、そしてフランスである雰囲気を醸し出す一つの演出なのになぁ〜。

Mais..., 受賞、ありがたき幸せ^^*。感謝感謝!!!


b0060647_2284783.jpg

"L'Arlésienne"(Arles - 2007, Avril)
Musée de Fushigi.chan

[PR]
by fushigi.chan | 2007-10-22 22:09 | France

つい・・・(笑)

Excite エキサイト : 経済ニュース

フランスもワインも日本酒も愛する私としては無視できなかった(笑)
コクのある日本酒ね〜^^。
来週の『群馬のお酒フェスタ』では、コクをポイントに極めてみよう!
どんな逸品が見つかるかな〜?!
楽しみ楽しみ♪♪♪

実は、群馬は知る人ぞ知る、名酒が産まれる土地柄なんですよ。
http://www.gunma-sake.or.jp/
毎年、春と秋に『群馬のお酒フェスタ』があります。
今年の秋はもう受付終了ですが、興味のある方は、是非、来年の春如何ですが?!けっこうスグに予約受付が終了してしまいますので、お申し込みされる場合はお早めにどうぞ♪


日本酒輸出が快調 仏で「ボルドー」なみ人気?
[ 10月13日 17時21分 ] J-CASTニュース

日本酒の輸出が好調だ。国内消費の低迷をよそに2006年の海外輸出量は初めて大台の1万キロリットルを超えた。ワインの「本場」フランスでも「日本酒がボルドーの赤ワインなどと並び、その知名度を上げ始めている」との「論評」も出た。フランス人はそんなに日本酒を飲み始めているのだろうか。

日本酒「買ったことがある」が22%

   フランスのAFP通信は07年10月8日、フランスが日本酒の輸入量世界第11位であることを紹介した上で「日本酒がボルドーの赤ワインやシャンパーニュなどフランスの高級ワインと並び、その知名度を上げ始めている」と報じた。例に挙がったのはいずれも「超有名」なフランスの産地だ。パリのワイン販売店に日本酒が並んでいる様子の写真も添えられている。

   財務省の貿易統計によると、06年の日本酒輸出量1万268キロリットルは01年より1.45倍に増えた。大雑把な計算で、1升瓶で178万本以上も輸出が増えた計算になる。米国がダントツの1位でほかに台湾や「香港」、韓国、カナダ、中国も多い。ヨーロッパでは、イギリスとドイツが上位10位に入っている。11位のフランスも全体のわずか1.2%を占める程度ではあるものの、01年より1.45倍増えている。世界的な伸びと同じ傾向だ。

   フランス人はそんなに日本酒を飲んでいるのだろうか。日本貿易振興機構(JETRO)によると、商品にもよるが輸送費がかさむため日本の値段の3倍程度になることが珍しくない。「基本的には高級品として扱われているようです」。それでもフランスで消費が伸びている背景には、国内に200〜300店あるとされる日本料理店が「ヘルシー」さを売りにブームになっていることがある。高級日本酒を扱い、専門家がアドバイスして販売する店も開業した。07年春のフランス農業見本市で日本区画を訪れた約100人にアンケートした結果によると、1年以内に日本酒を買ったことがある人は22%に上った。日本区画を訪れた人は日本への関心が高いため「高めの数字」と断っているが、なかなかの高さだ。ちなみにトップは醤油の65%だった。

「SAKE(サケ)」でかなり通用するようになった

   日本酒はフランス人にとって、ボルドーの赤ワイン並みの知名度を獲得したのだろうか。100社以上が加盟する日本名門酒会(事務局・東京)にJ-CASTニュースがこう質問すると、「まだそこまではいっていません」という答えが返ってきた。同会の国際流通担当の清常一憲さん(62)によると、保守的な高級フランス料理レストランにも吟醸酒を置く店が出てきた。とは言え「ワイン並みに飲まれるかといえばそうじゃない」。やはり高級日本料理店で「高級」な純米酒や吟醸酒が飲まれているのが中心だ。消費される多くは純米以上のクラスのようだ。

   それでも「この5、6年」で浸透してきたのは間違いない。物産展のような取り組みだけでなく、蔵元のHPの中にはフランス語版も備えたものもあり、情報発信力が強まったことを清常さんは指摘する。「日本のワイン」でも「米のワイン」でもなく「SAKE(サケ)」でかなり通用するようになったと胸を張る。

   人気がある日本酒のタイプについては、淡麗辛口人気が先行したが「こくのある」タイプへも幅が広がりつつある。米国での傾向と似ている。フランスでの人気銘柄を質問すると「上善如水」「真澄」「浦霞」「司牡丹」・・・とすらすら出てきた。最近は「こくのある」タイプの「男山」(北海道旭川)も人気が出てきているそうだ。

   清常さんは「誇り高い」フランス人相手の苦労話も明らかにした。生ガキを食べる際、白ワインより日本酒の方が生臭さを消しておいしい、と納得してもらおうと化学的な話も取り入れながら説得を続けても「カキを食べるときはこの生臭さがいいんだ」と言い張るフランス人も珍しくない。

   とは言え、生ガキや魚介類と日本酒は合うという情報は、「食」に関心が高い人の間に広がりつつある。07年後半にかけて魚介類に日本酒を合わせるフランス人の姿を見かけることが「増えていくと踏んでいます」と自信を見せている。フランスを特別視する訳ではないが、「食にうるさい」印象のフランス人が日本酒を楽しむようになれば、「いろいろといい影響も期待される」。ボルドー並みかどうかはともかく「知名度を上げつつある」のは間違いないようだ。

[PR]
by fushigi.chan | 2007-10-13 22:24 | France

新月

今日は、新月です。

2007.10.11  14:01 天秤座

新月から始めた事は、通常より速いペースで成長します。
新しい事を始めるのにも最適なタイミングなのです。

新月の時は、あらゆる作物がよく育つと言われています。



では皆さん、今からでも今夜何か始めてみませんか?!



興味を持った方、コチラ(↓)の本を是非読んでみて下さい。
Amazonのリンクはってあります。

『魂の願い 新月のソウルメイキング』
ジャン・スピラー (著)/東川 恭子 (翻訳)   徳間書店

私、実現しているんですよ。とっても不思議ですが。
本当にお月様にも心から感謝しています。
日本人は、昔から「お月様」って「月」には敬称をつけるじゃないですか。考えると、フト不思議なんですよね。なんで「月」に?!って。でも、っていう事は昔から「月」に対する敬いがあったっていうことですよ。昔の人は感覚的に知っていた、月の御力を。だから「お月様」って「様」をつけていたんだと思う。コレってとっても深いと思う!凄いな〜!!

この記事up時に「太陽様って言わない&聞かない」って書いてしまった件、コメントにてご指摘頂きまして訂正致します。「お日様」って言いますよね。すっかり頭にありませんでした。恥ずかしい・・・。ごめんなさい、お日様。


という事で・・・
私、本日よりフランス語勉強強化月間に入るので、来月の18日まで更新を休業致します。
って言っても、日々そんなに更新しているという訳でもないのですが…。

Pourqoi?!
Parce que je passe un examen du Diplôme d'Aptitude Pratique au Français NIVEAU 3 !!
[PR]
by fushigi.chan | 2007-10-11 21:49 | natures

「晴れは良くて、雨は悪いの?」 …、そうじゃないと思う。

常々・・・

「天気が良いだの悪いだの言うのは間違いだ!おかしい!」

と言っている私ですが、今日、改めてこの事を深く感じました。

今日は、秋空、高く青く澄んだ快晴で、とっても気持ちイイ日でしたね。日々内勤の私ですが、幸運にも外に出る用がありまして、外の空気をめいっぱいすってきました。
そして、フト、思ったのです。


「なんて気持ちイイんだろう!ありがたいな〜!!」

       はっ!!

そっか、こういう日をとっても気持ちイイって思う事は、雨の日、曇りの日があるからなんじゃないの?!反対に、晴れの日があるから、そして、雨を尊い、曇りの日を穏やかに感じるんだろな。良いだの悪いだのと言う事は天気の悪口を言っているのであって、ホント、人間のエゴなんだなぁ。


って。
小林正観さんの著書「究極の損得勘定」にある“天気の悪口”を読んで以降、正にそうである!とず〜っとず〜っと思い続けている事が、私の心のベースになっています。是非、いろんな方に読んで欲しいなって心から思う名著です。小林正観さんの本は私の座右の書。ここ最近では、春日大社の葉室頼昭宮司の著書にも大感涙です。


ところで、金木犀が香る季節になりましたネ。どこからともなく風に乗って漂ってくる金木犀の香りに触れると、あ〜秋だな〜って思います。

金木犀の香り、大好きです。
実はとっても強い香りなんだけれど、漂うは芳しくて繊細。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-10-04 23:47 | natures

は?!

Excite エキサイト : 社会ニュース

二酸化炭素、地中閉じ込め 経産省、来春候補地絞る
[ 10月03日 18時42分 ] 共同通信 

経済産業省は3日、温暖化対策として工場や発電所などから出る二酸化炭素(CO2)について、年間10万トン以上を地中に閉じ込める大規模な実験を始めると発表した。現在、新潟県長岡市で1万トンのCO2をためる実験を進めているが、政府が掲げた2015年の実用化目標に向けて規模を拡大し、環境への影響などを調査。将来的には100万トン規模の実験をしたい考えで、来春までに候補地を絞り込む方針だ。

これって、どうなんでしょうか。
思わず、

「は?!」

でした。

地中に閉じ込めるって・・・。
ゴミと一緒ですね。

本当にこれは良い事なのでしょうか?得策なのでしょうか???


地球・・・、壊れちゃいませんか?
[PR]
by fushigi.chan | 2007-10-03 22:25 | The Planetary Emer..


カテゴリ
以前の記事
Link
お気に入りブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧