I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Pont du Gard

ルーブルで感動した絵はいくつもあるのですが、こちらもその一つ。
4月の渡仏の際に、南仏ニーム近郊にある世界遺産『Pont du Gard』に行ったのですが、その『Pont du Gard』が描かれている絵があったのです。感激しました!

b0060647_22284087.jpg描かれたのは1787年。
Hubert ROBERT(ユベール・ロベール)は、パリ出身のフランスの風景画家。
建築を縮小させる遠近法、計算された空間構成、色彩の巧みな転調は、ロベールの非凡な才能をよく示すとともに、その作品を単なる廃墟図を超えた、完成度の高い芸術へとおしあげているとの事。
この"Le pont du Gard"も、それが見事に表されている一つですね。
(解説は←の訳ではありませんのであしからず…。)

b0060647_22282826.jpg



そして、こちら(↓)が4月に行った折、撮った写真。
この巨大ローマ遺跡を目の前にし、ローマ人って本当に凄いって感動!!!
この石の橋は水道橋。ローマ時代、ユゼス近くのユール水源からニームへ飲料水を送る為にかけられた橋です。ユゼスとニームの高度差はなんと17mしかないのです。これは、1Kmにわずか34cmの勾配!いかに、ローマ帝国の土木技術の水準が高かったか!という事ですね。
更に、ただ実用的なだけでなくその建築物としての美しさまで見事に計算されているのです!因に、写真手前がニーム方面で奥がユゼス方面。

b0060647_222730100.jpg


b0060647_22274638.jpg


高台からの眺めはとっても気持ちよかった!!
一番上はこんな感じになっています。ここを水が通っていたのですね。

b0060647_22281397.jpg



眺めていて、フト、下に視線を落としたら・・・
女の子が手に持っている物に注目!なんと「たまごっち」に熱中してました。
思わず、「あっ!たまごっち!!」と声に出していたら、その日本語が伝わったらしく背中が警戒感を物語っていました・・・。ごめんね(笑)

b0060647_22275936.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-29 22:57 | France

Vénus de Milo

大理石といえば…、これは勿論外していません『ミロのヴィーナス』。
見てきました。
なんか...、こう...、地中海の大海原.....、神々しさと紀元前の歴史を感じました。

b0060647_2273378.jpg


日本は凄いですよね。ルーヴルを出て海外へ渡った事があるのは、私の生まれる10年前に京都で特別展示された時、ただ一度だけと。う〜ん、なんで日本はそんなに???
フト・・・、日本にいるという事は本当に恵まれた環境であるという事なんだよね〜って。


〈Wikipediaより抜粋〉
ミロのヴィーナスは、ギリシア神話におけるアフロディテの像とされている。
高さは203cm。材質は大理石。紀元前130年頃に、Alexandros of Antioch によって作成されたと考えられている。
1820年4月8日に小作農であったヨルゴス(Yorgos)によって、エーゲ海のメロス島で発見された。彼は最初、官吏に見付からぬようにヴィーナス像を隠していたが、トルコ人の官吏に発見され没収された。後に、海軍提督ジュール・デュモン・デュルヴィル(Jules Dumont d'Urville)は、この像を見て価値を認め、フランス大使に頼みこんでトルコ政府から買い上げた。これは修復された後に、ルイ18世に献上された。ルイ18世は、これをルーヴル美術館に寄付し、現在でもそこで管理されている。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-26 22:14 | France

Musée du Louvre ~un petit cadeau 2~

これ、大理石ですよ。
このドレープの質感がなんだか素晴らしい!と思って.....。

b0060647_2159458.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-26 22:00 | France

Musée du Louvre ~un petit cadeau 1~


b0060647_2151782.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-26 21:54 | France

光の魔術師 "Georges de La Tour"

b0060647_21283458.jpg

Saint Joseph charpentier, 1642, Louvre


"Georges de La Tour"、ラトゥール、私がちょっと気に入っている画家。好きだなと思う絵は限られるのですが。ルーブルでまさかオリジナルを見る事ができるなんて!というか、フト見た瞬間、アレ? La Tour??もしかして、私の知っている La Tour???感激!でした。私のなかでは光の魔術師。

"Saint Joseph charpentier"は、日本語では『大工の聖ヨセフ』。ろうそくの雰囲気、女の子の手からもれる光・・・、なんとも美しいと思いませんか?!是非、ルーブルで見て頂きたいな〜と思う画の一つです。全体像は、こんな感じ(↓)。

b0060647_21285273.jpg



〈Wikipediaより抜粋〉
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(Georges de La Tour,1593年3月19日 - 1652年1月30日)は、現フランス領のロレーヌ地方で17世紀前半に活動した画家である。
ラ・トゥールは生前にはフランス王ルイ13世の「国王付画家」の称号を得るなど、著名な画家であったが、次第に忘却され、20世紀初頭に「再発見」された画家である。残された作品は少なく、生涯についてもあまり詳しいことはわかっていない。作風は明暗の対比を強調する点にカラヴァッジョの影響がうかがえるが、単純化・平面化された構図や画面にただよう静寂で神秘的な雰囲気はラ・トゥール独自のものである。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-26 21:45 | France

La Joconde

ここ、ルーブ美術館で一番格別な扱いを受けているのが…、そう『モナリザ』です。フランス語では、『モナリザ』の事を『La Joconde』と言います。
因に、防弾ガラス付き防犯ケースなんですよ、コレ(↓)。午前中早めに行ったので、これでも未だ空いているそうです。モナリザを見る場合は、皆さんどうぞお早めに・・・。

私が生まれた年、『モナリザ』は東京国立博物館にきているのですね。これも大変興味深い事実です(笑)。フランスから国外に持ち出されたのは2回。アメリカと、日本とモスクワの巡回。その巡回の際、なんと50億円の盗難保険がかけられたとか。

b0060647_2053020.jpg

 
b0060647_20532111.jpg


モナリザをよ〜く見て下さい。
何か気がつきませんか???
そう・・・

眉が無い!

のです。知ってました???


〈Wikipediaより抜粋〉
イタリアの美術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた油絵。内観的な表現をもって黒い衣装を着た一人の女性が、わずかに微笑んだ半身の肖像が描かれている。おそらく歴史上最も有名な肖像画であり、これほど賞賛、模写されてきた絵は他に例を見ない。レオナルドは1503年にこの絵を描き始め、3年かおそらく4年後まで筆を入れた。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-26 21:12 | France

L'Arôme

L'Arôme
3, rue Saint Philippe du Roule 75008
TEL 01・42・25・55・98
b0060647_2081728.jpg


PARISのレストランってね.....

8月ってヴァカンスでやってない!

んですよ。そういうところが多い。
で、行く場所が限られて最終的にココが良さそう!ってなったのがこちらの『L'Arôme』だったのです。"madame FIGARO japon ~2007 No338 まるごと一冊パリガイド"に、ちょっぴり控えめに掲載されていた、8区にあるフレンチです。
雑誌の力って凄い…、っていうか恐るべし日本人のフットワーク…、というか自分もそうだけれど(笑)。通路隔てた場所にいた日本人女性2人旅行客(らしき)と、お隣の現地人(らしき)との英語の会話が聞こえてきて…。
"ここのお店、何で知ったの?!"
"FIGAROjaponです♪"

雑誌で、前菜の人気メニューと紹介されていた“マグロのタルタル”は、左下。タルタルの右にあるマスタード味のソース(アイスだったと私は思っている...。)が不思議な味。
どれもとても美味しく満足でした^^*。

b0060647_20183672.jpg



この赤ワインも、とっても美味しかったです♪
上質の赤ワインって、空気に触れさせる事によって芳香が立ち、さらに味わい深くなるのです。この赤ワインもそうでした。今年に入って沢山のワインを飲む機会に恵まれましたが、時間をかけ味わいが増していくワインの楽しみを知る事が出来たのは、本当に幸せ!!

b0060647_20185536.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-24 20:35 | France

"L'Olympia"

b0060647_226567.jpgパリの宿泊先のすぐ近くにあった"L'Olympia"。
オランピア劇場。
PIAF ~ JE T'AIME~ の字に惹かれて、写真を一枚。

1887年オープン。シャンソンの殿堂。Édith Piaf(エディット・ピアフ)が名声を得た場所であり、その死の数ヶ月前に、かろうじて立ち上がることの出来る状態で歌った、人々に最も記憶されたコンサートを開いた場所だったのです。
歴史と伝説のある、有名な劇場だったのですね。シャンソンは全くの未開の地なもので...。Piaf?JE T'AIME??何???とりあえず人が沢山集まっているから撮っておこう!っていう感じでした...(笑)。この夏、エディット・ピアフを題材にしたミュージカルをやっていたのですね。やっていれば見てみたかったな〜。


b0060647_21481636.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-18 22:03 | France

En automne?!

パリは、もう秋の装い。。。
ここは、コンコルド広場から凱旋門へ続く道。

昼間はそれなりにとても暑かったりもするけれど、基本的に寒い!!!。現地の人達は、日中からセーターやジャケット、ストール等を着込んでましたよ。季節間違っちゃったのね〜(涙)って観光客もよく見かけました。私も、当然例外ではなく(笑)。猛暑の日本から発った私は、ほとんど長袖なんて持って行かず、ましてセーターだなんて考えも及ばず。事前に天気予報と気温はチェックしたけれど、あくまで夏の天気だと。帰国して『蒸し風呂の夏』の洗礼を受けた私は、パリの暑さは可愛いもんだったとしみじみ懐かしむ・・・。

b0060647_19552255.jpg


b0060647_1955847.jpg


"Grand Palais"
 
b0060647_20455212.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-18 21:02 | France

Le trèfle à quatre feuilles et la coccinelle("bête à bon Dieu")

Le trèfle à quatre feuilles est considéré,
dans la civilisation occidentale, comme un objet porte-bonheur...
La coccinelle aussi.


"Le trèfle à quatre feuilles"・・・四葉のクローバー
" la coccinelle"・・・テントウムシ

四葉のクローバーの縁起は日本でも良く知られていますよね^^。
テントウムシも、欧米ではとても縁起が良いものの一つなのです。

" la coccinelle"は、俗称"bête à bon Dieu"と言われています。
"bête"は、虫。
"bon"は、良い・優秀・有益な・美味しい・楽しい...。
"Dieu"は、神・偶像;崇拝の対・アイドル。
『神の虫』って事ですね。

4月に訪れた時、PÉROUGES(ペルージュ村)の帰り道にあった美しい湖(沼?!)のほとりで涼もうとしてフト下を見たら・・・、クローバーが群生していて。瞬間、あ!もし四葉のクローバーがあったら(在仏中お世話になった)友人にプレゼントしよう♪って思ったのです。しゃがみこんでから1秒。「あった!!!」。あの時の感動は忘れません!!すっごいすっごい運命的な出逢いでした。

b0060647_2231799.jpg


そして、今回の渡仏の折・・・。ルーブル美術館にて。中の展示を見終わった後、外の広場(中央入り口ピラミット隣)の噴水の前に座っていたら、どこからともなくテントウムシが飛んで来て、膝の上に乗せた私のバックに着地。4月の四葉のクローバーも思い出して、私、ちょっと興奮。”四葉のクローバーの次は、テントウムシ!!!すごいよ、コレって!"すっごく何かに守られている気がしました。そして…、幸せが沢山舞い込んできそうな予感も♪事実、今回の渡仏も楽しく幸せで美味しい時間を過ごせました。神様ありがとう♪♪最後は、ドゥノン翼方面へ飛び立ったテントウムシを見送りながら・・・

b0060647_22311729.jpg


ネットで検索したら、↓こんなサイトを見つけました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・テントウムシは欧米でもっとも愛されている虫である。その愛称も英語では〈マリア様の虫(鳥)"ladybug"(ladybird)〉(後者は"Our Lady’s bird" の略)、ドイツ語でも同じで"Marienk∵fer"、フランス語では〈マリア様のお馬"cheval de la Vierge"〉〈神様の虫"bête à bon Dieu"〉などである。この虫が天上と結びつくのは、指にとまらせると必ず上へと上がっていき、指先から飛びたつこと、その色彩と形が愛らしいことによるのであろう。
フランスでは、テントウムシをつかまえたとき、それを飛ばせるか木の皮につかまらせてやると、虫は空に昇って天国に席を予約してくれるという。また若い女性がテントウムシを飛ばせて、〈テントウムシ、テントウムシ、教えてよ。私がいくのはどこなのか、お嫁にいくのはいつなのか〉ととなえる。そうしてもし虫が若い男のほうに飛んだら、それは彼女がまもなく結婚するしるしであるし、もし虫が教会のほうに飛んでいったら皆がその娘に〈尼さんになるんだ!〉と叫ぶのが習わしであったという。

・・・テントウムシには「あなたにとまったら、背中の斑点の数を数えて。その数と同じ月の間、幸運を享受できる」という言い伝えが。

・・・PARIS発、有名ブランドの"カルティエ"では、テントウムシ・モチーフは1930年代から常に親しまれ、愛されてきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-17 22:55


カテゴリ
以前の記事
Link
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧