I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

"BALLETS SANS PAROLES" Jean-Fery Rebel

b0060647_20552289.gif"BALLETS SANS PAROLES"
Jean-Fery Rebel (1666-1747)

ジャン=フェリ・ルベル
『四大元素』
およびその他のバロック舞踏組曲
〜フランス盛期バロックのバレエ音楽〜

・詳細はコチラをご覧下さい。

友人宅で流れていて、聴いた瞬間「コレ!すっごく素敵〜!」と虜になった曲。聴いた瞬間バッハを思い起こした…バロックの美しい旋律。友人に聞いたら、フランスの作曲家だそう。少々、某訳ありでご縁を感じる私(ふふふ♪)。ご親切にもお貸し頂けるという事で(買ったばかりだそう)、私の部屋にもバロック音楽が流れる事に。

驚くべき音響効果、炸裂する多彩さと優美さ。
周到なる器楽の魔術師、その魅力を味わいつくす一枚!
ーいきなり叩き付けられる不協和音、そしてゆっくり紡ぎ出されてゆく調和の感覚・・・フランス18世紀初頭の描写的バレエ音楽『四大元素』は、21世紀の我々も戸惑うほどに先鋭的!鳥はさえずり炎は燃え盛り、水面はたゆたい大地は揺れる、古楽器ならではの雅な音色と語り口調で、すぐれて映像的な音世界が織りなされてゆくー
(CDジャケットについていた帯より抜粋)

如何ですか?!♪
このCDは、そのケースもジャケットのデザインも素敵なのです。ケースに至っては、角が全て丸くカットされていて、プラスチックケースなのに柔らかさを感じさせる質感。美しい!!!
[PR]
by fushigi.chan | 2007-02-26 21:00 | music

株講座〜改訂版〜 私の記憶違いの為。ごめんなさい!

先日、友人3人で『株講座』開講。
講師2名、受講者1名。
一人は法律・契約関係の仕事をしていて、もう一人は人事。まるで面接が如く(二人とも仕事帰り直通でビシッ!とスーツだった)、お二人を目の前に株のしくみについて勉強させて頂きました。といっても、場所は韓国料理屋さん。美味しいサムゲタンにマッコリに・・・楽しく♪

事の発端は、私、社員持株会に入っているのに株についてちゃんと理解していない!だから教えて〜〜〜!!と泣きついたのが始り。

韓国料理屋到着前から、もう〜話が最初から用意されてたかのような流れで、チェイニー副大統領は何故来日したか?!その真相は〜の話から始まり、アメリカの投資国は今インドっ!(他、ベトナムやパキスタンとかもだね〜)話、インドって言えば、そうそう私行ってる!最高に魅力的な国だよあそこは。まぁ、その思い入れは両極端に分かれるっていうのが通説だけれどね。私のテーマに、東インド会社があるんだよね。あ〜、私、イギリスも行ったね〜話。っていいますか、今日株講座じゃない?!ソレ、最高の切り出しだよ!!!。
・・・というイントロがありまして(笑)。
株を生んだのは『インド』で、育てたのが『イギリス』。それに深く関わりを持つのが「東インド会社」。その株の源流から丁寧にはじまりはじまり。。。

世界で最初の近代企業(という呼び方が一番近い)が、「東インド会社」。(「所有と経営が分かれた」という意味で。)
次は?「保険会社」。イギリス〜インド間の航海途中になにかあった時の為にというのが理由で、だから保険会社の名前は「○○海上〜」ってつけられてたりするんだよ〜。他、有限会社と株式会社の違い/株主総会の起源/総会屋の存在した理由/バブルの始まりと株の関係/バブル崩壊の原因/社員持株会の仕組み(インサイダー取引に話が及んだのにはちょっと笑った!なるほど!って。)等、派生してユダヤ、チェイニー、ロックフェラー話題等々・・・。
とても楽しく貴重な時間を過ごせた事に感謝感謝!!

実は、本当はベルギー料理屋さんで生のベルギービールを飲みながらの開講予定だったのです。(去年末に友人がこの情報を得て、1月に直接行って場所を確認。HPもチェック済み。)
車で正面迄乗りつけたら・・・


「入居者募集中」


そっ・・・そんなバカな!!(爆)
なもんで、急遽、ベルギーから韓国へ移動。

しかし…、いったいどういう事なんだろう?と謎は拭いきれず・・・


↓本来ならジョッキが並ぶハズだったのだけれど・・・(笑)

b0060647_18545036.jpg


後日談:
店舗移動で閉店という事が分かりました!次回の会合場所決定。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-02-25 19:10 | etc...

サフランの雛寿司

3/3の桃の節句を前に、昨日、実家で雛寿司を頂いてきました。
何故、雛祭りではちらし寿司や蛤のお吸い物等を頂くのでしょうか?!ネットで調べてみたのですが、これぞ由来!という内容にはなかなかヒットしませんでした。
春の到来でもあるこの時期、色とりどりのちらし寿司が食卓を飾るのは相応しいな〜というのは大変感じますけれどネ。

b0060647_1801154.jpg


サフランで色づけされた黄色のすし飯に、アボカドと紫蘇の緑。
シンプルですが、爽やかで、とっても春らしく素敵!
王道的ちらし寿司もいいですが、たまにはこういうのも如何ですか?!

b0060647_17564053.jpg


桃の節句:
古くは旧暦3月、上旬の巳の日に行われた行事。古代中国で、川で身を清めて不浄を祓う風習があり、それが日本に伝わり「曲水の宴」として宮中に広まる。当時、宮中では歌を詠み雅を楽しむ事で穢れを祓い、一般の人は川や海に出掛けて穢れを祓っていたとか。後に、禊の代わりに人形に穢れを移して河川に流し、江戸時代頃からは飾るようになって女子の成長を願う雛祭の行事になったという事。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-02-25 18:04 | foods

これが"晩白柚"っ!!!

私の手、どちらかというと女性としては大きい方の手ではあるけれど、片手では掴めない・・・。
花道だったら持てるんだろうな〜。(知るヒトゾ知る…(笑))
隣にあるのが日向夏。

b0060647_16582633.jpg


b0060647_16584068.jpg



こ〜んなに白皮部分が厚いのです!
b0060647_1711714.jpg


皮を脱いだ果実部分。

b0060647_17111732.jpg



手のひらに乗った部分がこんなに小さいのを見て頂ければ、いかに分厚い白皮かがお分かり頂けるかと思います。
果実は、はっさく等の柑橘類と同じような味に近いのですが、晩白柚にしかない独特の味だな〜と思われる味覚をほのかに舌に感じました。ビックリするような美味しさという訳ではないけれど美味しい。
只今、白皮部分は"晩白柚漬"になるべくお鍋の中で灰汁抜き中。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-02-25 17:13 | foods

晩白柚(バンペイユ)〜幻の大玉!!!

晩白柚(バンペイユ)ってご存知ですか?!
世界最大の柑橘類で、大きさはバレーボール程!!
先日、母から晩白柚をもらって初めて食べました。
(白皮と、ジャムとマーマレードに加工したもの。)
グレープフルーツやオレンジといった類の味とは全く違う、癖になりそうな不思議な不思議〜な味わい。この時期限定の晩白柚。
皆様も試してみてはいかがですか?!この辺りではイオン高崎内SATYに売ってますよ〜。お値段は、一玉900円程だったかと。ちょっとビックリするお値段ですが(笑)

詳しく説明されたHP発見!→晩白柚とは/その歴史と歩み

日本は広い!!!
まだまだ、知らない食が沢山あるんでしょうね!!
今迄知らなかった味を知る事が出来るのって楽しい!!!

晩白柚の写真が無いのが残念ですが、日向夏が我が家に。おまけに載せます。この日向夏も白皮部分が厚くて、黄色い皮の部分をうす〜く包丁でむいて白皮ごと食べられる柑橘種。削ぎ切りにするのがイイ?!らしいですが、私は手間を惜しんで普通に。
白皮の味が生きていいかもね(笑)。


b0060647_22404789.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-02-19 22:47 | foods

Bitter Orange "Neroli" 〜 in TUNISIA

前職時代の友人達と会った時に、お土産でいただいたビターオレンジのフラワーウオーターと香水(精油)。去年の11月にチュニジアに行ってきた本場モノ!超〜感激しました。

一昨年その友人と会った時、アフリカの話で盛り上がり「私はチュニジアに行きたいんだ〜♪ビターオレンジの花が咲く時にね♪♪(4月中旬から3週間程)」って話をしたんですよね。で、去年の秋頃に「そういえばさ〜、確かビターオレンジって言ってたよね〜?!」ってメールを受信。その時、えっ?!何で又、今になってその話題なんだろうな〜?!って思いながら「そうだよ〜」と。その友人からの今年の年賀状が砂漠の中で立っている写真だったんです。見た瞬間、ここはサハラ砂漠だ!って直ぐに分かったのだけれど…。まさか〜まさかね〜なんて思っていたら、年明けた久し振りの再開で↓のお土産。
チュニジアに行っていたとは・・・!!!!!
夫婦して大のアフリカ好き。その友人夫婦は毎年最低1度は海外旅行に行き、その旅行先の写真が翌年の年賀状になるのです。で、しかも場所の説明は一切無し!なので、毎年その国名を当てるのが私の楽しみだったりします。コレは使える"手"(笑)。もらった人が楽しめます!

b0060647_2126239.jpg


友人曰く「とにかくビターオレンジから採られたモノが欲しい!」と説明したとかで↑を入手出来たって。なので、それぞれがなんなのか詳細は分からないと…。瓶に書いてあるのは、自国語(チュニジアは、アラビア語がメイン&フランス語。)。アラビア語は全く分からないけれど、フランス語表記もあったので、ヨカッッタ〜(笑)。辞書で調べられました。
大きなボトルの"AROME ORANGE ALIMENTAIRE"(アロム オランジュ アリマンテール) は、食用オレンジアロマ。AROMEって香気って意味だけれど。ドロッとした感触。精油ではないけれど、フラワーウオーターでも無い様な…。う〜ん、ちょっと食用は避けて…。どうに使おうか思案中。
左の小さいボトルは"Fleur d'oranger -Extrait de Parfum"(フルール ド オランジェ -エクストレ ドゥ パルファン)。これは"オレンジの花-香水のエッセンス"って意味になるんだけれど、多分、ビターオレンジの精油100%じゃないのかなと思います。1〜2滴位をお風呂に入れたり、普通の精油とほぼ同様に使って香りを楽しんでます。このビターオレンジの花から抽出された精油の事を"Neroli"(ネロリ)といって・・・

更に詳しい説明はコチラから・・・
[PR]
by fushigi.chan | 2007-02-18 22:46 | Aroma&homeopathy

Goblins

Today's Goblins.
I wonder why am I addicted to the Goblins...♪
"The Rainbow Goblins" Masayoshi Takanaka

b0060647_2342846.jpg


歌詞カード見ながらパステルでササッと書いてみた・・・
なので、なんとなくしかよく分からなくて。所要時間10分程。
でも、特徴?!は押さえているかと(笑)
ポイントは・・・Orange goblinの左手。Red goblinの手をギュッと握ってスヤスヤ眠っているんです。"Paradise of Rainbowland"の夢を見ながら・・・。中央にそれだけじゃ物足りなくて、虹を食べちゃってるお腹も追加。我ながら結構お気に入り&楽しいひと時でした。
ホントに、夢に出てきそうだ・・・
[PR]
by fushigi.chan | 2007-02-12 23:41 | music

石鹸シャンプーのメリット&デメリット

先日、石鹸シャンプーのメリットとデメリットを教えて欲しいと友人から尋ねられ・・・
私の思いつく限りをお伝えしました。以下は、その拡張版です。
ハテ?!デメリットなんてあったっけ???と瞬間思ってしまったのですが、あえていうならばあるんですね〜。ふふ〜ん・・・。

メリット:
・何よりも自分の体に優しい
・自然環境にも優しい
・お風呂掃除がラクになる

デメリット:
・合成シャンプーから石鹸に変えると、最初のうち泡が立たなくて洗いにくい
・髪の毛の色が茶色っぽくなる?!
・合成シャンプーのようにサラサラになりにくい?!
・値段が高め?!

更に詳しい説明はコチラから・・・
[PR]
by fushigi.chan | 2007-02-10 17:15 | The Planetary Emer..

MARCUS MILLER

b0060647_13513049.jpgベースの深い魅力を教えてくれた無二のベーシスト!と絶賛するネット繋がりの友人。
その彼は、もともとギターを弾きたくていて、でもベースにしたとか。いつかはギターを!という日々に悶々とするも"MARCUS MILLER"を聴いて、ベースに対して180°考えが変わったって。
そんなキッカケをステップに、先生について練習を始めたと。そんなカッコイイ話を聞いたら、聴いてみたいな〜って思う。高中さんのCDを借りようと選び出そうとする視界の中に"MARCUS MILLER"の文字が。同じジャンル?!。じゃないにしても繋がっているな〜。

私は"THE BEST OF MARCUS MILLER"を聴いてみる。
カッコイイ!!!ベースの深い柔らかい音色が綺麗。"COULD IT BE YOU"を聴いて、更に、こんな深みのある音ってナカナカだせないんだろうな〜って思ってみたりした。

ここ最近、ギター(高中正義)にベースにと新たな魅力の発見をし、ご縁が...。よくよく考えてみれば、昔、若かりし頃の祖父が"白いスーツ&ギターの出で立ち"で演奏している写真を発見したり…(すごいカッコ良かった!のを記憶。だが、残念ながら生演奏をちゃんと聴いた事は無い。)、母は高校時代に自らギター部を作って活動していたとか…、叔父の一人はマンドリン弾き、もう一人はヴィオラがメインのマルチ。マンドリン弾きの娘2人もマンドリン弾き。息子はギター。ヴィオラの娘・息子はそれぞれ大学のオケでチェロ弾き。遺伝子的にも弦楽器が持つ魅力に惹かれるんでしょ〜ね〜ホント。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-02-10 14:22 | music

"THE RAINBOW GOBLINS"

最近、聴いている曲。高中正義さんのギター・インストゥルメンタル。
なんだけれど、その中でも最高の一枚となりつつあるのが・・・

『虹伝説〜THE RAINBOW GOBLINS』 詳細はコチラ

イタリアの画家"ウル・デリコ"という人が書いた絵本"THE RAINBOW GOBLINS"にインスパイアされて、全12枚の絵に一つ一つ楽曲を付けたアルバム。"PROLOGUE"を聴いてビックリ!すごく心が解放される様な、とってもジ〜ンとくるスペクタクルな曲。01:45あたりからの流れが特に美しくて大好き!

是非、この絵本の英語版を手に入れたいな〜って。残念ながら、日本語版は絶版だそうです。この絵本↓を見ながら、曲を聴きたい!ホント。

b0060647_23104920.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-02-09 23:18 | music


カテゴリ
以前の記事
Link
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧