I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

波乗りジョニー

久々のホームラン級!お豆腐の逸品!!
その名も・・・

『波乗りジョニー』

と〜〜〜っても美味しいです!感動!!
大豆の旨味が凝縮された濃厚な甘み!!!
濃さ的には、スゴイダイズの無調整バージョンを固めて作ったって感じです。でも、決してしつこくなくてドンドン食べちゃえるんです♪
ネーミングも凄い!
『波乗り』。
そして極めつけ『ジョニー』。
(意味不明も含めて)最高!!!

詳細はコチラ→三和豆友食品株式会社

以前、『男前豆腐』を食べたとき、別に普通のお豆腐だな〜って思っていたので、ネーミングとその形に惹かれながらも買わなかったのです。でも、ちょっとしたキッカケがあって今回買ってみたのですが…、本当にこの味に出逢えて良かった♪
先程、三和豆友食品さんのHPをじっくり読んでいたら『男前豆腐』は2社から出しているんですね。う〜ん、私が食べたのはどちらの方でしょ???もう一度買ってみよう!と思っています。『男前』だけじゃなくて、他のもとりあえずとっても気になってしまいます♪ジョニーがこれだけ美味しいと♪♪

b0060647_2061740.jpg


一応、念の為・・・
(見る人にとっては)奇妙な形は、きっと"サーフボード"の形。
『波乗り』…サーフィンの別称。("愛称"とも♪)
『ジョニー』…???。三和豆友食品さんにお尋ねして下さい♪

で、私の憶測。
三和豆友食品の社長さんは、"サーファー"
しかも、ちょっとこだわって"ロング"。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-01-30 20:22 | foods

『エアロビクスステッパー』 エクサー社(米)

本日、実家へトンボ帰り。理由は、彼↓を召還してきた為。
エアロビクスステッパー』 エクサー社(アメリカ)
彼の存在を思い出して運動したくなったのです。何故お蔵入りしていたかというと、購入してやり始めた当初膝を痛めたから。多分、靴を履かないでやってた事が一番の原因だとは思うのだけれど(苦笑)。
そして…、ものはやりよう。「そっか、なにも説明通りに使用しなくてもいいのかな〜。せっかくイイの買ったんだし、踏まないよりは!」ってね。外に出てウオーキングするのに越した事無いけれど、気軽に家の中で足腰動かせるのも嬉しいものですよ♪

b0060647_19582561.jpg


という事で・・・
最後迄踏み切らないで軽く足踏み。と、深く踏み込む時は目の前に椅子を置いて椅子の背に両手を置いて足にかかる負荷を軽くする。"バランス感覚を"という点では役不足ですが…。普通に歩く速度で足踏みです。説明書には出来る限り早くってありますけれどね、徒歩位の早さがいいみたい。一番軽い負荷に設定しても、踏み込むのにそれなりの力を必要。でも、気持ちよくスムーズにステッパーが上下に動くので、ストレスは全く無いです。

久々(2年振り位(^^;))に出してきたものの、状態はバッチリ。
流石、トレーニング機器の逸品!
15分程踏んでましたけれどホント気持ちよかった〜!
[PR]
by fushigi.chan | 2007-01-28 20:29 | health

Value of sake...

For one thing...,
the value of sake is decided at the grinding rate of rice.
"Milling Rate"

お酒と言えば、忘れもしないイギリスでの想い出。
レイコック宿泊中の2日間、朝食の楽しいひと時をご一緒したアルゼンチン出身のEliot(こう聴こえたし、こう呼んでいた)との会話。
年齢不詳(50歳半ば位?!)笑顔の可愛い、素敵な紳士。彼は、仕事でレイコック周辺を回っていての滞在中でした。
お互いビールは苦手という話から、ワインの話で盛り上がり、その果てに"SAKE"話題に突入。お〜!私のテリトリー!!!と、ちょっと興奮(笑)。Eliotは自分の住んでいる近くで(在英)、たまにSAKEを嗜むそう。なんていうSAKEを飲んでますか〜?!って聞くと銘柄までは分からないって。
"種類って沢山あるの?"って聞かれたから、もうそれは☆の数程、と。
"へ〜何によってそんな種類が分かれるの?"って聞かれたので、製造工程の違いや、原料のお米の種類やら、精米具合によってとか・・・、ね。って答えて、フト。私の目がキラ〜ン☆と輝く。
"ねぇ、ねぇ、知ってますか?!お米を沢山カットする程、SAKEの価値は高くなるんですよ♪"って。
Eliotは目をま〜るくして"Amazing!!!"。うふっ♪
え〜なんでなんで???って聞かれて、話が盛り上がりました(笑)。使用する部分の多い方が優良なんじゃないの?!って感覚でしたよ。
外国の方で、日本酒のこういった事を知らない人はまだまだ多いいのかな〜?!"SAKE"っていう言葉は全世界に広まってはいるんだろうけれど、その詳細迄はまだまだなのかも。
『日本酒友好大使』になった気分でした(笑)。

そうそう、そのEliotとの話の中で、じゃぁ日本食で好きなのは何?!って聞いたら

"WASABI♪"

って。「へ?!」
ちょっと意外な結果でした。一瞬返答にツマル私。
"What?! WASABI??? ・・・How?!"
"I like it. with meat!"
は〜ん、なるほど!チューブタイプの山葵が売られていて、それを常備しているって。なので、帰国後、冷蔵庫を開けて山葵のチューブを見る度に"Eliot..."と呟く私でありました(笑)。

・・・Eliot、ごめんなさい。
まだ、アルゼンチンワイン飲んでないでっす。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-01-27 18:50 | foods

新酒 『妃酒』

ちょっと前、初めてマッコリ(韓国のお酒)を飲んだのですが...。
私が選んだこのマッコリは普通のマッコリじゃなくて、高麗時代から伝わる王侯貴族だけが楽しんだという大変高貴なマッコリ。葡萄のエキスが入っているから、ほんのり紫色なんですね。興味のある方は、是非飲んでみて下さい♪
が、しかし…。私には残念ながらいまいち口に合わなかったのです。まぁ、それなりに美味しいな〜とは思ったのですが、あまり進まない。

b0060647_17411556.jpg


どうしたものか・・・と考えて、フト名案が!
マッコリは、韓国のお米から作られたお酒。という事は、日本の酒粕を使って調合して美味しく作れないものか?!

・・・しばし経過。

できたっ!!!めちゃくちゃ美味しいのです。葡萄エキスのほんのりきいた酸味が、かなり良い隠し味的存在で。しかも、甘酒よりも全然体の温まりが違う!!!めちゃくちゃポカポカ長続きです。
プラスしたのは、酒粕/砂糖(甘酒を作る時よりもだいたい半分以下位の分量)/水。これをマッコリと煮詰めル。
という事で、これを・・・

『妃酒』

と命名。何故、『妃酒』か?!
先ず、私の名前の一文字を引用。そして、大元のマッコリは宮廷で楽しまれたという事にかけて、です。ふふっ♪
[PR]
by fushigi.chan | 2007-01-27 17:53 | foods

抹茶ワッフル

久々にゆったりとワッフル作りました。
合羽橋まで行き買い求めたワッフルメーカー。たまには使わないと。
ここ最近、"MOTHER LEAF"にご縁があり(青山店と、県内)何度も行っているからワッフルが身近になってたっていうのもありましたけれど。"MOTHER LEAF"って、モスバーガーのモスフードサービスが運営しているんですね。知らなかった〜。ここの紅茶は美味しいです。
実は県内にもあって、唯一「イオン高崎内」にあります。本屋の隣にあって、なかなか落ち着ける立地ですよ〜。オススメ。仕事帰りにお茶ながら、本を片手にノンビリする事も・・・。

昨年末に行った"京はやしや"で買った抹茶を使用。
頂く時は、小豆餡(勿論、自家製ですよ〜ん♪)をたっぷりのせて。
美味美味♪♪♪

b0060647_1658985.jpg


こんな風にちっちゃく焼いても可愛い♪
写真・・・光の加減によって微妙に色合いが違って見えるけれど。
すっごく綺麗な緑に仕上るんですよ〜♪

b0060647_16491785.jpg


b0060647_16493061.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-01-27 17:11 | foods

『柳に風折れなし』

昨夜、家で倒れました。正確に言うと3回。
不死鳥の様に甦ってはバタッと倒れ意識を失い、気がついて大丈夫だろうかと思い立ち上がり、又倒れ意識を失い…。原因はなんとなく分かってます。過去にも数回あるので。でも、それにしても今回はそれ迄の経緯が今迄より全然短かった為、そこまで体が参っているとは全く気がつかなかった。
多分、私は漢医学でいうところの陰性体質。
『この体質の人は、風邪を引きやすい、胃腸の症状が出やすい、疲れやすい、朝に弱い、眠りが浅いなどの「なんとなく、調子が悪い」といった程度の症状がしばしば出現するけれど、脳卒中や心筋梗塞、ガンなど致命的で重篤な病気にはむしろかかりにくく、結構長生きする人が多い。諸症状でるので、健康に留意するという事も挙げられるが・・・と。(「間違いだらけの医学・健康常識」石原結實著)』
今回、なにせ○気にあたって意識を失うなんて今更自分でもビックリだったけれど。全然体力が戻らず、体がおもうように動けなかったです。情けない…。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-01-22 22:29 | health

One Man and His Dog

その、"One Man and His Dog"というDVD。
私の中で今、密かにしめやかにブーム。
イギリスから帰ってきてから知った存在。"One Man and His Dog"とは、イギリスのBBCで30年間に渡り放送されてきたスポーツ番組の一つなのです。リンボウ先生の「イギリスは愉快だ」を読んでこの番組を知り、あ〜滞在中に見る事ができてたらな〜!って残念に思いました。が、どうやら現在は1年に1回、クリスマス時期に放送されているだけみたい。その後、イギリスでお知り合いになった方と"One Man and His Dog"話題が出て、やっぱりどう〜しても見たい!という衝動に駆られて・・・、amazon.co.ukで購入(日本では未発売だった)。私が購入したのは『30 YEARS OF One Man and His Dog』。歴史も見る事が出来て楽しいかな〜って思って。

これはその名の通り、羊飼い(Handler:ハンドラー)と犬(sheep dog:シープドック)が織りなす"羊の囲い込み"を競技にしたもの。
いかに規定にそって羊を誘導したかによりポイントが加算されて、合計点を競う。ハンドラーは定位置から口笛等で犬を誘導。犬は、ハンドラーの指示を受けて羊を誘導。見事なんですよ、是が又。

故に、立派な競技(スポーツ)です。

私にとってこのDVDの良さは、その面白味がジワジワとフツフツと湧いてくる様なトコロ。流石BBCとも言える構成。そして、この番組を愛するイギリス国民に乾杯!
でもね...、私とその方との間では"お休みDVD"の地位も確立(笑)。
とにかく、のどかなんですよ。ハンドラーの口笛がまるで…子守唄。
出てくる場面はイギリスの"丘"原風景そのまま。

b0060647_21192346.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-01-22 21:31 | U.K.

スキニージーンズ

さっき、ボケ〜っと"One Man and His Dog"というイギリスのDVDを見ながらフト気がついた事が。
スキニージーンズって、イギリスのロンドンにある"Superfine"というブランドが火付け役でロンドンでブレイク。その後、烈火の如く世界に広まった訳ですが。
何故、ロンドンで生まれブレイクしたか。それは・・・



「そっか、イギリスは長靴文化だからだ!」
[PR]
by fushigi.chan | 2007-01-22 20:46 | U.K.

"京はやしや"

去年末、青山へ行った折にお茶した処。"京はやしや"
ここもホント美味しい!!!。日本人でありながら、普段ゆっくり緑茶を頂く事って実はなかなか無い。緑茶自体、今家に無いし。飲んだとして、職場で休憩の時に給茶器のお茶。
なので、こういう処に来ると・・・

「あ〜、私って日本人。ふふっ。」

友人が玉艶(たまつや)を頼んだのですが、コレ、飲み終わった後に茶葉にポン酢をかけて茶葉をそのまま頂くのです!ちょっともらったのですが・・・今迄にない感動&感激!!!
これは言葉では表せないですね〜、是非、お試し下さいっ!!!!
お店の雰囲気も、とっても素敵でくつろげます♪「モダン・チャノユ」
因に私は、玄米茶と抹茶チーズケーキを注文。↓

b0060647_13531690.jpg


b0060647_13532842.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-01-21 14:09 | foods

Anniversaire Café

ローリエを楽しんだ後は、Anniversaire Caféへ。

b0060647_1392048.jpg
←"Amour"。
見て意味を知った瞬間"コレ!"
やっぱりコレでしょっ♪
願掛け(笑)
綺麗で可愛くて、美味しくて♪
美味しい紅茶と共に幸せ♪♪♪


そして、ここでも女二人「○○○☆○」話題で盛り上がり・・・(笑)。
いつしかこの現象が日本中に蔓延して、Café内隣でも同じ話題で盛り上がっていたら最高だね〜!いやいや、ホントあり得るかもよ(笑)。
いや〜本当に笑いっぱなし&面白すぎ!
NK細胞超〜〜〜〜〜〜〜活性化!!!
[PR]
by fushigi.chan | 2007-01-21 13:32 | foods


カテゴリ
以前の記事
Link
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧