I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

“20世紀梨”

“20世紀”は、古い品種で純国産。
鳥取の気候と風土に適した梨で、鳥取の特産品として有名ですね〜。
20世紀も瑞々しさが特徴ということですが〜、斉藤農園の豊水の瑞々しさはピカイチでしたよ♪♪♪
やはり、関東の“豊水”“幸水”、鳥取の“20世紀”なのかな。
因に、梨の花の花言葉は「和やかな愛情」だそう。

b0060647_20403831.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2006-09-26 20:42 | foods

“豊水”

言わずと知れた“豊水”。
今のところ、私が一番好きな品種。穫りたてのその瑞々しさ&滴り落ちる甘い果汁は、他の追随をユルサナイッ!(笑)

アリャッ???
なんだか先に紹介した“新星”より、こちらの方が尖っている気が…。
でも、説明して頂いた順番で載せているはずなので、多分間違いは無いかと。
カメラアングルの問題ってことで納得して頂けると嬉しいです(笑)。

b0060647_2021326.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2006-09-26 20:27 | foods

“新星”

“新星”、言うなれば“リンゴ梨”。
特徴は、一般的な梨と比べて、おしりの部分が出ている(尖っている)んでス。まるでリンゴの様に。ちょっと可愛らしい形ですね。リンゴのような甘みが特徴です。

b0060647_20182385.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2006-09-26 20:19 | foods

Pear picking!  『斉藤農園』

先週末は梨狩りへ…。
行き先は、榛名の『斉藤農園』。
職場でお世話になっている方のご実家が経営されているというご縁で行ってきました〜♪

b0060647_19571493.jpg


b0060647_19572338.jpg



穫りたての梨って、ものすごくずっしり重くて、とぉ〜っても瑞々しいのをご存知でしょか?!穫りたての梨に包丁を入れた瞬間、ジュワッ!プシュッ!!って水分が飛ぶんですよ!これには流石にビックリしました!!口に入れれば、滴る果汁、口の中に広がる爽やかな甘み。。。
ずっしり重い、程よく熟れた豊水だったから余計ですがね。
今回、「豊水」「新星」「20世紀」をたっぷり試食させて頂きました。こ〜んなにも梨って味が違うんですね。もうそろそろ「豊水」は終わりで、今週末辺りから「新星」「20世紀」がシーズンだそうです。10月いっぱいまで楽しめるという事ですよ。
楽しいサイトを発見しました♪ → 「梨レシピ」
揚げ出し梨や、梨天婦羅、焼き梨etc...如何ですか?!
私もそのうちやってみようかな。

b0060647_20132720.jpg


b0060647_20133895.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2006-09-26 20:09 | foods

チャバネセセリ~" Pelopidas mathias oberthueri Evans"

b0060647_1991469.jpg


先日、upしたこの蝶。蛾では無いそうです。
昆虫に大変詳しい友人が早速ブログを見てくれて、直ぐに回答が♪
流石です!!!upした30秒後にメール。
この件を今upするのが申し訳ないくらい速攻・・・。
ありがとうございましたm(_ _)m

「チャバネセセリ」
年に3回の発生。5〜6月、7〜8月、9〜10月。
幼虫は、イネ科の植物をメインにタケ科の植物も食べます。


ところで…私が当初、蝶?蛾?!と疑問に思った事について。
ネットで調べてみましたところ、いやいや、なかなか、詳しく説明されているサイトが盛り沢山で。
やっぱり誰でも不思議に思うのね〜と(笑)。
その中で、単的に分かりやすかったサイトがありましたので、興味のある方は是非御覧下さいませ。

「福井県の蝶〜蛾と蝶の違い〜」
http://puh.web.infoseek.co.jp/chotoga.htm

で、ですね。更に面白いサイトを発見してしまいました。
題して、「セセリは蝶?蛾?!それとも...」って、オウッ...(笑)。
ここでは、【セセリチョウは、蝶でもなく、蛾でもなく、セセリチョウだ。セセリチョウは、独立している】な〜んて締めくくられていまス。私は、詳しい事は全くわからないのですが、「チャバネセセリ」という名前だから、ここでいうセセリにこの「チャバネセセリ」も含まれるかどうかはっきりとは分かりません、が...。

「セセリは蝶?蛾?それとも...」
http://www.bekkoame.ne.jp/i/skipper/skipper_j.html


大自然の中で、ち〜さい生き物にちょっと目を向けてみる。
地球を育む大自然と共存している、小さな小さな…地球上の生物。今迄知らなかった世界がそこには広がっているんです!
動物園にいる動物ばかりじゃないんですよね、なんて改めて思ったりする。大切にしていきたいですね、ちっちゃな“生命”達。
[PR]
by fushigi.chan | 2006-09-20 19:56 | natures

Winery〜“まるき葡萄酒㈱”

b0060647_2021061.jpg


私のたっての願いで…山梨へ行った時に立ち寄った、ワイナリーでございます。“まるき葡萄酒㈱”さん。
着いて直ぐに、ワイナリー見学ツアーに参加出来ました♪♪♪
見学後は、試飲をさせてもらえます。感動したのは1983年(86だったけな???)ものの白の古酒!まろやかであり、葡萄の香りを失わないなんともいえない深みのある味でした。私が生まれた1974年の白もあったので、何かの記念の折には必ず買わせて頂きますっ!
あとは…樽熟成されたワインで、オーク材の香りがほのかにぷ〜んと漂ってくる赤もなかなか。熟成が浅いのと長いのとありましたけれど、その香りの違いも又楽しい。


b0060647_206298.jpg
ワインになる葡萄。丸々とした形が可愛らしいですよね♪


b0060647_2061424.jpg
これは、醗酵中のタンクの中。香りがプ〜ンと漂ってきます・・・


b0060647_2092963.jpg
大きなタンクが続きます・・・


b0060647_2013833.jpg
樽で熟成中・・・


b0060647_20141624.jpg
最後は、一升瓶に入れられて熟成されます。
これは何年ものだったかな…。
[PR]
by fushigi.chan | 2006-09-19 20:29 | foods

小海線〜松原湖駅編〜

山梨の帰り道、立ち寄った「松原湖駅」。無人駅でございます。
電車がきたらいいね〜なんて言っていたら、電車が!思わず慌ててカメラ片手に車を降り、シャッターをきる私(笑)。なんだか鉄道マニアになった気分だった(爆)。
よ〜く見て下さいっ。電車の顔に、緑のプレート(正式名はよくわからないけれど…)で、「ワンマン」ってあるの(笑)。

b0060647_21253432.jpg


b0060647_21254655.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2006-09-14 21:28 | etc...

小海線〜標高1,375mのJR最高地点〜

ワイナリーをup予告をしましたが、小海線での撮影ご紹介に変更。
小海線とは、JR東日本の地方交通線。山梨県「小淵沢」〜長野県「小諸」。車を降りたこの場所は、清里駅と野辺山駅の間にある標高1,375mのJR線最高地点!
なんと、ここには鉄道神社なるものがぁ☆。
蛾?蝶?ちょうど良くシャッター押せたので撮ってみました。
なんていう名前なんでしょ???

b0060647_21134380.jpg


b0060647_21142290.jpg



b0060647_21154523.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2006-09-14 21:17 | etc...

"Pizzutello Bianco" ピッテロ ビアンコ

b0060647_21302672.jpg



本日ご紹介するのは、コレ! “ピッテロ ビアンコ”
これも大変美しい葡萄ですよね。 〜葡萄の芸術品〜オホホ♪
この品種は、イタリア原産(又は北アフリカ)。勾玉状に果粒が曲がっている為、大変珍貴であり有名な品種。別名、“レディー フィンガー”(淑女の指)。食感は、シャリッ感がある。味はけっこうサッパリしていてちょっと渋みがあったかな〜?!(糖度は15〜16度)。私は好き。収穫の際は緑で分かりにくい為、一番先端の房を一つとって味見をしてから。熟成してる感の甘みを感じられたらOKってとこかな。人それぞれの舌によりますネ〜。これも皮ごと食べます。
下の“マニキュア フィンガー”に、ちょっと説明を追加しました。
読んで下さいっ♪明日は、ワイナリーをUP予定で〜ス。

b0060647_21382658.jpg



葡萄の芸術品らしく?!
アーティスティックに切り取ってみました...(笑)
如何でしょ???

b0060647_21442988.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2006-09-13 21:56 | foods

"Manicure finger" マニキュアフィンガー

b0060647_21273089.jpg


コレ、葡萄の一種。「マニキュアフィンガー」
珍しいでしょ?!(^^)v
先ずは、その愛らしい形に惹かれ、名前もちょっと素敵。
今迄に無い葡萄への感動!
この品種は、日本の山梨にある「植原葡萄研究所」という会社で、1984年に交配され誕生!
若い女性の指に赤いマニキュアをしたような感じになることからつけられた名前。糖度(18〜19度)は高く(とはいっても、ほんのり上品に甘かったデス)、少々酸味有り。渋みが苦手な人には、ばあいによっては多少渋さを感じてしまうかもしれませんが…。皮ごと食べられるのは嬉しい!食感は、パリッ!シャリッ!って感じかな。食べ始めると止まらないんデス〜これが。ハマリます!!!
日持ちがしないので、スーパー等店頭に出回る事は少ないとのコト。山梨へ葡萄狩りに行く際には、珍?!品種がある葡萄園へ行く事もお勧めしたいと思います。葡萄に対する、今迄にない感動を味わえる事間違いナシ!

b0060647_21363178.jpg


b0060647_21364697.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2006-09-12 21:37 | foods


カテゴリ
以前の記事
Link
お気に入りブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧