I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2005年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

砥部焼ビアマグの穴の謎

b0060647_2274243.jpg
これは、道後温泉に行った折に買った自分用のビアマグ。
唐草紋のこいう形のマグカップが欲しくて探し回ってやっと見つけたもの。あれだけ沢山の窯元直営店等があったりしてもなかなか無いモノなんですね!本当に気に入るのって。ぽってりとした丸みを帯びたラインが可愛くて、お茶等飲む時にホッとした温かさのある肌触り感があるのです。この絵柄は砥部焼の代表的模様の唐草紋!本家本元、唐草紋を生み出した梅山窯で作られたマグです。

【砥部焼の起源】
360余年前、慶長年間に朝鮮から渡来した陶工によって日用の雑器が焼かれたのが始まり。その後江戸時代中期、大洲藩主が財源として磁器製法の研究を命じた。安永6年、杉野丈助が作った白磁焼が成功し砥部焼の基礎を作る。この地に産する砥石くずを原料にし、登窯で松の木を燃料に焼く製法は、今も、その歴史と伝統は生かされています。
【砥部焼の特徴】
白く滑らかな白磁。美しい藍色の素朴な絵模様。やや厚手で割れにくいので、日用雑器として親しまれている。高温で焼いてあるため、電子レンジOK!

b0060647_2275928.jpg
そして。。。この取っ手の部分の裏の穴。これ、なんの為の穴だと思いますか?!
私は不思議に思って店主さんに聞いたところ…
砥部焼の特徴のひとつとして、厚みがあると言いましたが。理由はソレと、この大きさのビアマグであるという事。
厚みがある為に、取っ手の部分はさらに厚くしないと耐えきらない。でも、厚すぎると焼く時に温度が均一に行き渡らない。その為に、取っ手の裏の部分に穴をあけて熱の通りを均等にするのだそうです。この作業、意外に手間がかかる作業で、作家さんもあまり作りたがらないそうです。その為に出回る率が少ないのです。私が買ったこのビアマグも半年待ち位で入荷したものですって!
[PR]
by FUSHIGI.CHAN | 2005-02-28 22:37 | voyage

牛肉履歴偽装で町議逮捕!って知ってました?!

「牛肉履歴偽装」
ビックリしました!でも、あっても不思議ではないですよね。。。と、考えるのも哀しい事ですが。
お恥ずかしながら、先程、牛肉についてリサーチ中「牛肉履歴偽装」が目に飛び込んで来て。かなり前になりますが、去年の12月に完全実施されて直ぐの事件。
以前、BSE問題と個体識別情報の開示についてちょっと触れたので、後談遺憾報告です。

本当に残念でしかたありません。そもそも、消費者の安心と信頼を確保するのが一番の目的だったのですよね?!
(-_-).。oO<(`^´)>
[PR]
by fushigi.chan | 2005-02-24 21:48 | foods

道後の生酒と、バーニャカウダ鍋でチーズフォンデュ


先日「仁喜多津大吟醸酒」で紹介した水口酒造製造の生酒。
b0060647_025573.jpg
香りは爽やか、口に含んだ瞬間はスッキリしているのだけれど、その後にほんのり甘〜い味が広がる。


b0060647_0251915.jpg

本当は、バーニャカウダ用の鍋なんだけれど…本日チーズフォンデユな気分だったのでこんな感じ。お鍋はイタリア製。
【バーニャカウダ】とは、イタリア北部ピエモンテ地方の料理。“バーニャ”はお風呂、“カウダ”は温かいという意味。牛乳で茹でて臭みを抜いたニンニクと、アンチョビ、オリーブオイルを鍋でフツフツ温めて、お好みの野菜やパンをからめて(つけて)頂くという料理。

本日の付け合わせは…
トマト、ブロッコリー、カボチャ、ニンジン、鮭、パン。

この生酒とチーズフォンデユの組み合わせはいまいち。でも、今日は両方制覇したかった。。。次回フォンデュの時は違うのをセレクト。ワインは普通だから、あえてやはり日本酒を選ぼう。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-02-24 00:53 | foods

四国/松山 一人旅 〜道後温泉→内子→砥部〜

内子町の「大森和蝋燭屋」、「内子座」の写真をupしました!
fushigi's Photo gallery
[PR]
by fushigi.chan | 2005-02-19 23:01 | voyage

『海猿』プレミアムDVD-BOX<4枚組>遂に発売!(2/16)

待ちに待った、『海猿』のDVDが発売されました!
どんな特典が付いているのかいまいち良く分からないまま「初回限定生産」のプレミアムを予約し購入。
内容:本編DVD
   特典DISC×2枚
   サントラCD
   海猿R.A.D Tシャツ(白)
   海猿Visual Cine Book bis
映画館で惜しくも観る事が出来ずに、この日を待ち望んでいたのです!(でも、未だ観ていないけれど)上映期間、短かったですよね〜?!
非常に気になって読みたくて、去年の秋『海猿』の原作マンガ(少年系のヤングサンデーだったから実はちょっと恥ずかしかったけれど)を大人買い。平日3日間で一気に読んでしまいました。
もの凄く泣けて泣けて(ToT)。感動と涙の嵐でした!

主演の伊藤英明は…「白い巨塔」に出ていた頼りない今にも倒れちゃいそうな研修医のイメージがあったので、主演の仙崎なんて想像つかないな〜なんて。でも、伊藤英明自身、趣味でDM(ダイブマスター:ダイビングのランク中、アマチュアの最高ランク。これに指導力が加わったのがインストラクター)まで持ってるので、これまた。

b0060647_2263915.jpg[Rescue Advanced Diver]と、それぞれTシャツのBackプリントと、袖にあります。
去年の夏の初めにレスキューまで取った私にピッタリ!なんて言いたいトコロだけれど…(恥)。
しかし、このTシャツとっても大きいのです。ダイビングに行った時のパジャマ代わり、ですね...。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-02-18 22:51 | Scuba diving

清酒 仁喜多津「大吟醸酒」

今まで飲んだ日本酒の味を覆す、絶品の大吟醸酒ここにあり!
これまでの人生の中で、私が最高に感激した日本酒です!(とはいえ、成人後10年ですが。)
この「にきたつ大吟醸酒」、全国新酒鑑評会で「金賞」を受賞しているそうです。
全国新酒鑑評会とは…独立行政法人酒類総合研究所が主催している鑑評会。その年に製造された清酒を全国的な規模で調査・研究することにより、製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、清酒の品質向上に寄与することが目的。現在、全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会であり、製造技術と品質の向上に果たす役割は極めて大きいものがあるという事。でも、酒類総合研究所のHPでチェックしたら、仁喜多津は☆印が無かったのはどういう事でしょう?!
ま、でも受賞云々より、飲んで美味しいって思えればそれで幸せだからいいのですけれどね(^^)v

お味は。。。喉を通った瞬間「美味しい!」と言わずにいられない!
こんなに清涼感がありながら、華やかな味わいと旨さ。果実にも似た味わいがありつつ、すっきりした香り(含み香と言うの?!)と後に残る切れ味の良さ。う〜ん、なんと表現してよいものやら。この「にきたつ大吟醸酒」仕込み水には熟田津の良水を使い、米は粒よりの山田錦を磨き上げた蔵人の技が生きる逸品、と。
b0060647_226813.jpg
ドドォ〜ン!

道後温泉の旅の際に立ち寄った、松山市道後にある『水口酒造』さんで発見しました!
何種類もの地酒の試飲をさせて頂きましたが、それぞれ全く味が違いビックリ!こんなにも味に差があるものなんだ!一つ一つの種類に、こだわりを持って製造されているんだな〜!と感嘆。

いや、もう、本当に「にきたつ大吟醸酒」最高です!
[PR]
by fushigi.chan | 2005-02-16 22:33 | foods

花粉症の根本的原因は、戦後の大量杉植林!…?!

花粉症対策、予防、治療ばかりが取り沙汰されている昨今。何故、ここ数年で急激に花粉症が多くなったか=花粉の飛散が多い、か、疑問に感じた事はありませんか?!

日本に於いては、戦後昭和20年代後半から30年代にかけて、杉植林が標高の低い所から始まり→次第に高い所に移っていきました。今、その杉が成木になって花粉を飛ばしていますが 、今までは標高の低い所の杉が飛散の中心だったのに、最近では高い所の杉も成木になったのです。
因に、檜は杉に遅れること5〜10年経ってから植林され始めているそう。檜は特に西日本に植林が多いそうです。これも又、注意が必要なのかもしれませんね。

杉や檜は、成長が早くまっすぐに伸びる事から重要な木材資源ではあります。加えて、国土保全/地球温暖化防止(杉は二酸化炭素の吸収量がもっとも多い樹木の一種!)/水源のかん養等。
ただ、杉花粉被害の甚大さを考えると、戦後復興時にある無計画的?!植林とその後に於ける伐採のバランスがとれていないのではないかと深く思うのです。
政府としては、平成14年度から(遅いっ!)都市近郊の雄花着花量(花粉の基)の多い木を選んで行う抜き伐りや枝落とし等を実施したり、花粉の少ない杉・檜の品種開発をしているという事ですが。。。

という事で、政府はもっと早急に根本的解決に乗り出した方が良いのでは?と私は思うワケであります。。。

あ、そうそう、群馬の北部にはかなりの量の人工林があるとか。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-02-15 22:12 | health

四国/松山 一人旅 〜道後温泉→内子→砥部〜

「松山城」、「道後温泉」、「能」の写真をupしました。
fushigi's Photo gallery
[PR]
by fushigi.chan | 2005-02-13 13:42 | voyage

季節外れの…紫陽花咲く古都鎌倉

去年の6月にふらりと行った鎌倉の写真を、久々に掘り起こしてfushigiの個人HPにupしました。
fushigi's Photo gallery
立ち寄ってみて下さい。

このURL、ブログのLinkにもはっておきました。道後温泉他、各地の写真を随時upしていく予定です。もし、今後どちらかご旅行される方へのちょっとしたちょっとした足掛かりと、良くも悪くもご参考になれば…
か、若しくは、あ〜ここ行った!と、悠久の想いに浸って頂けたら幸いです…(笑)
[PR]
by fushigi.chan | 2005-02-09 22:59 | voyage

のんびり欲張り一人旅 〜道後温泉→内子→砥部〜

先週末、四国へお遍路さん巡り…いえいえ、愛媛は道後温泉へ行って参りました。2月5日のお昼に、JALにて松山入り。
お昼は、松山名産の五色そうめんの「鯛めん」。先ずは藩主様へご挨拶せねば、と、松山城へ。その後、道後温泉界隈を散策し、この日宿泊の「大和屋本店」にチェックイン。能舞台を持つこのホテルで、能楽体験講座を受講。講師は、喜多流教士 篠崎弘行先生。等々…。
翌日は、和紙と木蝋で栄えた「内子町」へ行き、松山へ戻りながら、焼き物の里「砥部町」に立ち寄りました。
数日中に、別HPで旅行記を綴る予定です。

b0060647_011272.jpg
夏目漱石の「坊ちゃん」に出てくる、“…他のところは何を見ても東京の足元にも及ばないが温泉だけは立派なものだ。…”と言った浴場の『道後温泉本館』。「千と千尋の神隠し」のお屋敷のモデルにもなった建物。国の重要文化財。
b0060647_0355892.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2005-02-08 00:31 | voyage


カテゴリ
以前の記事
Link
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧