I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:health( 41 )

涙、涙の夕食 “ローズマリーパワー?!”

今日…、すっごい久し振りに食事を楽しめたのです。
今迄、ずっと全身を激しい症状が襲い…作るのもままならず、食べる気も無く。ただ、又倒れるのが嫌だからという理由で食べ物を摂取していたのですが。今日は仕事に行き、久し振りに17時に仕事終了後帰宅。生ローズマリー(実家産)とジャガイモがあったので、たっぷりのオリーブオイルとローズマリーに小岩井の純バターでコトコト煮込む事20分程…。
ハッ!と気がついたのです。
あ!私、料理を楽しんでる!症状が出てない!食を楽しめてる!
そしたら…、どれくらい振りだろう?!普通に料理をして〜普通に食事をして、っていう普通の事が出来るのがこんなにも嬉しくて幸せだなんて!って思ったら料理しながらボロボロ涙が出てきてしまった…。


“ローズマリーとポテトのホットサラダ”
“(季節ギリギリ)夏野菜サラダのナスタチウム添え”(一例)

b0060647_20465523.jpg

b0060647_2047467.jpg



後談:
食後、又、症状復活(涙)。
因に、ランチョマットに使ってる葉は、ターメリックの葉っぱ。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-09-21 21:02 | health

漢方薬“紫胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)”

8/18から突如始まった、一向に治らない病。
県内の皮膚科2件で同じ診断を受け薬を処方されて治らず、都内の鍼灸院で全く違う診断を受け、その後倒れて内科受診(-_-;)。
本日、血液検査の結果がでるという事で、病院へ。
倒れたその日、初診でとっても良い先生に見て頂く事ができて本当に幸せだった私。総合病院の内科にもかかわらず、今回もじっくり丁寧に診察して頂いて、私一人にかけること30分ちょっと。病院で、こんなにもしっかり丁寧に説明して頂いた経験って今迄初めてです。
和漢診療も専門とし、東洋医学にも精通されている先生なので、いろんな意味で私にとっては運命とも言えるべき存在。
(西洋医学の名に於いての)薬で全く良くならなかったので、漢方薬の処方して頂きました…。漢方薬は人生初の経験ですが、この“紫胡桂枝乾姜”はすっごく飲み易くて、初心者には喜ばしい(笑)。シナモンの香りがして、漢方ってイメージじゃないです。

しかし…、お医者さんって本当にありがたいですよね。今迄、どれだけいろいろな場面で救われた事か。今回も、先生と話をしているだけで症状が良くなった気がするのも、先生の“気”かな〜なんて。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-09-15 11:30 | health

ホッと“蕎麦湯”

ここ最近の私の体は荒れ狂う海。
今週も、月・火と2日有休。水は午後から出勤。そして、今日も又、1日お休み。
何故ですかね…、今日は朝食とって、さて出掛けよう!とした矢先に、激しい吐き気と気持ち悪さで倒れてしまったのですよ(><)。昨日の朝から一切食事が取れなくていて、今日は朝から仕事に行くのだからちょっとは食べないと…って思って、軽〜く食べたつもりだったのですが。

病院診察後に立ち寄ったお蕎麦屋さん。
消化の良いモノ〜と思い(店員さんと相談しながらトッピングを考えた→)うどん注文後、「暖かいお茶はご用意出来ないのですけれど、あ、蕎麦湯お持ちしますね!」って私を気遣い持って来てくれたのがなんだか嬉しかったな、今日。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-09-08 21:21 | health

Haagen-Dazs(Vanilla) 3 pieces

本日、某理由にて会社休みました。
端的に言えば、朝起きたら”お岩さん”になっていたという…。

そんなこの夜、友人が仕事帰りに「大丈夫か〜?!なんか食べたいものある?!」ってお見舞いの電話くれたのです。「本当に?!じゃ、ハーゲンダッツのバニラ(´∀`)」って言ったら、3個入ったコンビニ袋提げてきてくれたのです。

「え?3個も?!」
「今日の夜用と、明日の朝食と、お昼の分だよ!」

って。

「じゃ!お大事に!しっかり治ってから出社した方がイイよ。無理しないように!」って、足早に去って行きました。ハーゲンダッツ3個も嬉しかったけれど、それ以上に、あったかい優しい気持ちがすっごく嬉しくて。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-09-05 22:35 | health

せっけん歯磨き粉

b0060647_2145996.jpg
先日お話しした、「経皮毒」。
その第二弾で、歯磨き粉をご紹介。
これも、シャボン玉製歯磨き粉。
やはり、泡立た無いですよ。
でも、思ったよりもスッキリした感じが口中に残ってまぁまぁです。
それに、アワアワになるよりしっかり磨けるのは虫歯予防にも良いですしね。泡が立つのより、気持ち悪さが残ったらイヤだと思ってそれ以上に磨こうとしますもん。
以前は、エサンデスの「クリンティー」歯磨き粉を使った事がありましたが、それよりも良いみたい。
歯磨き粉を捨ててからコレを買う迄は、(何もつけずに歯ブラシで磨き、)家で育てているペパーミントを摘んで濃いめにミントティーを作り、それでマウスウオッシュしてました。
けっこう、現代日常品に頼らなくても生きていけるんですね(笑)。

そういえば。。。インドへ旅行に行った時、ヴェナレスの露店で小枝をラグに積んで売っていたのを見かけたのです。何コレ?!って聞いたら、この小枝を口に入れて噛んで歯磨きするのだ、と。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-08-10 22:03 | health

下まつ毛が伸びた!!! 上下、バサバサ(笑)


b0060647_23293481.jpg皆様、「経皮毒」ご存知でしょうか?!

簡単に説明すると…
『人間の体が外部から体内へ有害化学物質を取り込んでしまうルートは3つある。一つは、「経口吸収」(口→食道→)、それと「吸入」(呼吸→肺→)、そして、「経皮毒」(肌→体内)。一番考えにくそうなこの経皮毒が、実は一番恐ろしい。という、この経皮毒の恐ろしさに加えて、環境ホルモンや環境問題にまで論説及ぶ、21世紀を生きる人間の必読書!(と、私は考える)』
分かってはいたけれど改めて怖さを知りましたね…(>_<;)
きっかけは「一つの知識として」というだけでも良いので、沢山の人に、又、妊婦さんやこれから子供が欲しいと考えている女性には是非一読して頂きたい!と思います。
※写真をクリックすると、詳しいHPにリンクします!

で、何故「下まつ毛が伸びた!!!」かと言いますと…。
この冬頃から使っていたシャンプー&リンスは、AUBREYから浮気して、カラー後の髪の毛に良いと言われる美容室で買ったシャンプー&リンス。
が、「経皮毒」を読んでからは捨てて、純石鹸シャンプーに変えました。で、試しに・・・というか、合成界面活性剤及び、合成化学物質が含まれている基礎化粧品類全てを(取り憑かれたように)ポイポイ捨ててしまった為(笑)化粧せずに会社へ行き、夜も朝も顔に使用するのは石鹸のみ。
1週間程経ち、フト気がついたら…上も下もまつ毛バサバサ。友達数人承認済み!(笑)。元々まつ毛は長い方でしたが、更にパワーップされました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
人間の体って素直なんですね〜!化学物質に曝されない状況が出来ると、本来持っている人間の防御機能が働くのかな。だって、まつ毛って眼の中に異物が入るのを防ぐ役割を持っているんですよね、確か?!

b0060647_2337376.jpg
この石鹸は、7年?8年?もっと?位前から愛用。


b0060647_23371974.jpg
シャンプーとリンスは存在は知っていたのだけれど、リンスが【クエン酸の粉末で溶かして髪の毛になじませる】というのが面倒で買わなかった。でも、今回思いきって買ってみたが、そんなに面倒では無かった。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-08-09 00:00 | health

女性が唯一充実感を味わえる時って?!

いつだと思いますか?!

それは、受胎して妊娠した時だそうです。
女性はもともと、もう一人お腹に人間が入る余地があるから、妊娠してこそ完全体と言えるのだそうです。では、妊娠した事が無い人や妊娠していない人が充実感を得るにはどうしたらいいの?って話ですが…。それは、「何かを見守り、手間ひまをかけなくてはいけないような、努力を必要とする作業がお勧めです」、と。一番良いのは、土いじりやガーデニングだそう。
(「プチ内観こころ塾」 寺門琢巳著 三笠書房発行 より抜粋)
ハタ、と。あ!まさしく実行しているな〜私!と、この本を読んだ時に感動してしまったのでした。興味を持たれた方は、是非読んでみて下さい。もっと詳しくこの事についてもふれていますし、他、素敵な事が沢山書かれています。

↓は、ルッコラ&ミニラディッシュ。
b0060647_22135969.jpg

あまり間引いてなくてごめんなさいm(__)m特にラデッィシュ!
でも、収穫が楽しみです。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-05-31 22:25 | health

遺伝子操作

http://www.asahi.com/health/news/OSK200505130030.html

たまたま目に留まった記事。
これを読んで、約7年前に観た映画【ガタカ】を思い出してしまいました。
その時は、将来こんな世界が地球上に広がってしまうのだろうか?など不安になりながらも、未だ未だ遠い未来だ!と考えていたものです。が、しかし、既にこのような情報が目に入ってくるとは!ちょっと、ビックリしました。(とは言っても、かなり前からそのような事はされていて私が知らなかっただけですが。)
※【ガタカ】では、遺伝子操作をされずに「自然の形で産まれた人間=劣性遺伝を持った人間」は“不適正者”として、人間としての地位を認められてないのです。

話は、人間から逸れて…
植物の遺伝子組み換えが身近ではあります。以下、
* 病気に強い
* アレルギーの原因になりにくい
* 日持ちがよい
* ウイルス病に強い
* 除草剤の影響を受けない
* 害虫に強い
等をメリットにし、組み換えされ、又、開発されてます。
でも、実際、スーパーなどで遺伝子組み換え食品を手にとってますか?!出来れば避けたいと「遺伝子組み替え(例えば:大豆)不使用」と書かれた食品を選んでいるのが現状でしょう。

人間の進歩の過程で、最初は人間の為に良かれと思って開発等されたものが、次の段階では人間にとって、又、地球の存続の脅威となるものは沢山ありますよね…。


asahi.comより抜粋
------------------------------------------------------------------
体外受精した受精卵の細胞を取り出して染色体を調べ、「正常」と判定した卵だけを子宮に戻す受精卵診断を実施している大谷産婦人科(神戸市)の大谷徹郎院長は13日、昨年9月からこれまでに計27組の夫婦を診断し、うち11組が妊娠していることを明らかにした。6月から12月にかけて、相次いで出産する予定という。東京都内で開かれる日本法社会学会で14日発表する。

 27組の診断は、染色体異常が原因で流産を繰り返す「習慣流産」などを避けるのが目的。大谷院長は昨年11月初め、この目的で15組を診断したと公表しており、今回新たに12組が加わった。医学系学会以外の場で発表する理由について、大谷院長は「法律関係者や一般の人たちにも理解してもらうため」と話している。

 受精卵診断は世界ではすでに4000例以上実施されているとされる。日本では日本産科婦人科学会が、重い遺伝病に限って実施を認めている。

 大谷院長は昨年2月、同学会が認めていない流産回避や男女の産み分けのため3組に受精卵診断を実施したことを公表。除名処分を受けている。

 受精卵診断については「生命の選別にあたる」との強い反対意見がある一方、「妊娠後の診断で異常が見つかった際などの中絶を避けられる」などの利点を認める声もある。

------------------------------------------------------------------
[PR]
by fushigi.chan | 2005-05-14 12:49 | health

花粉症の根本的原因は、戦後の大量杉植林!…?!

花粉症対策、予防、治療ばかりが取り沙汰されている昨今。何故、ここ数年で急激に花粉症が多くなったか=花粉の飛散が多い、か、疑問に感じた事はありませんか?!

日本に於いては、戦後昭和20年代後半から30年代にかけて、杉植林が標高の低い所から始まり→次第に高い所に移っていきました。今、その杉が成木になって花粉を飛ばしていますが 、今までは標高の低い所の杉が飛散の中心だったのに、最近では高い所の杉も成木になったのです。
因に、檜は杉に遅れること5〜10年経ってから植林され始めているそう。檜は特に西日本に植林が多いそうです。これも又、注意が必要なのかもしれませんね。

杉や檜は、成長が早くまっすぐに伸びる事から重要な木材資源ではあります。加えて、国土保全/地球温暖化防止(杉は二酸化炭素の吸収量がもっとも多い樹木の一種!)/水源のかん養等。
ただ、杉花粉被害の甚大さを考えると、戦後復興時にある無計画的?!植林とその後に於ける伐採のバランスがとれていないのではないかと深く思うのです。
政府としては、平成14年度から(遅いっ!)都市近郊の雄花着花量(花粉の基)の多い木を選んで行う抜き伐りや枝落とし等を実施したり、花粉の少ない杉・檜の品種開発をしているという事ですが。。。

という事で、政府はもっと早急に根本的解決に乗り出した方が良いのでは?と私は思うワケであります。。。

あ、そうそう、群馬の北部にはかなりの量の人工林があるとか。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-02-15 22:12 | health

花粉症も環境ホルモンの影響?!なんて勝手な事考えてみました。

環境ホルモンのヒトへの影響として疑われているもの。

+ 精子減少
+ 尿道下裂等の先天異常の増加
+ 精巣ガン・乳がんの増加
+ 子宮内膜症の増加
+ 女性の思春期の早期化

+ アレルギー・アトピーの増加

+ IQの低下
+ 多動症
+ 知能・精神発達の遅れ

+ 性比の変化

私が思うに、花粉症もその一つなのかな〜?!なんて考えてみました。5〜6年程迄、一時期、花粉症がヒドかったのですが今は全然平気。治りました。薬もなにも常用してませんでした。いきなり、プツっと。気がついたらそういえば平気だな〜って具合に。花粉症のメカニズムは良く分からないので何故治ったか皆目見当つきませんが…。しいて言うならば、健康食品にこだわり続けている、とかですかね。
花粉症持ちの方にとっては、又、大変な時期がやってきました。お大事に…!
[PR]
by fushigi.chan | 2005-01-19 23:42 | health


カテゴリ
以前の記事
Link
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧