I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:health( 41 )

Eleanor Roosevelt said...

"No one can make you feel inferior without your consent."
Eleanor Roosevelt said that.
Yes. Another special lady like yourself.

「自分の価値は、他人ではなく自分で決めるものである。」
"THE PRINCESS DIARIES"(プリティ・プリセンス)に出てくる、ルーズベルトの名言を引用したセリフ。

江原啓之さんの『人はなぜ生まれ いかに生きるのか』を読んでて、フト思い出したセリフ。これと同じ様な事を言ってたんですよね...
 
[PR]
by fushigi.chan | 2006-01-17 21:00 | health

My favorite...

"Where there's a will, there's a way."

「意思のあるところに道は開かれている。」


さっき辞書を引いたら…
"favorite"はイギリス英語で"favourite"はアメリカ英語なんですね〜。
初めて知りました(笑)。
[PR]
by fushigi.chan | 2006-01-17 20:56 | health

「日経ヘルス No.95 2006.2」 (日経BP) 

b0060647_23351519.jpg前回の「冷えた女はブスになる」は、去年冬の初め頃に読んで知っていたのですが…つい先日、本屋さんで見かけたら、ここでも「冷え」がTOP記事になっていました。
両者同じ様な事を言っていますが、フトある事に気がつきました。どちらとも、“部屋の空気を暖めましょう。”などとは、一言も言っていないという事です。実は、これはすっごく大事な事なんじゃないかと私は思います。一番大事なのは、「体を温める事」なんです。
よぉ〜く考えて下さい。ですよ。
寒いと感じたら、先ず、体を温める事をして下さい。体を温めようとしないで、室温ばかり暑くてもどうかな〜と私は思います...。
ホッホォ〜!と思ったのは、(体を温めるといわれている)食材によって、体を温める場所が違うという事。温め2大食材の生姜とココアでは...生姜は上半身、ココアは下半身が特に温め効果が高いそう。
最近、朝食・夕食共に生姜入り味噌汁を飲んでますが、本っ当〜に効きます!飲んでる時からボワ〜ッと体が温まります。しかも、持続します。ポイントは、すりおろした生姜を使う事です。最強にオススメです!
[PR]
by fushigi.chan | 2006-01-14 00:11 | health

「冷えた女はブスになる。」 山口勝利著(祥伝社)

b0060647_21215595.gif題名からして、すごい書き出しですが...
以前、“内蔵温度を上げよう!強化月間”という事を言っていたのですが、その発端となったのがこの本でした。題名に惹かれて、平積み残り2冊だったところを即買い(衝動買いとも)(笑)。
「冷え」というのは、「内蔵温度(深部体温)の冷え」の事だそうです。これは、脇の下で計る温度とは違い、お腹皮下約8cmの場所を計測した温度を指します。「内蔵温度」の平均は37.2〜38度が理想的と言われていますが、いわゆる「冷え症」の人は35℃台だそうです。そして、なんと!雪山で遭難して生命の危機に曝されている人の内蔵温度は35℃台前半だそうですよ!ヒョエェ〜〜〜!!奇声で失礼しました。でも、それくらい驚きじゃありませんか?!外気温が通常の生活環境下だからこそ、生きていられるようなもんです。

要は、“内蔵温度が低下する事は、体に多々悪影響を及ぼす”という事なのですね。
その悪影響の中でも特に顕著な5大兆候があって...
①基礎代謝の低下(体重増加、疲労、だるさ)
②免疫力の低下(風邪やウイルスにかかりやすくなる。ガン。花粉症も!)
③自律神経の乱れ(“むくみ”と“くすみ”を引き起こす)
④内蔵の働きの低下(老廃物が溜まる)
⑤うつ傾向になる
だそうですよ。

内蔵温度が低下する事で冷えを助長させ、「冷え性」を発症させてしまうのです。そうならない様、内蔵温度の事も思いやり生活する事も大切だったんですね。内蔵温度の低下を生み出す原因、そして温める方法等詳しく説明されているので、興味のある方は是非、手に取ってみて下さいませ。自覚の無い人達男女問わず、実に、60%位の人が「隠れ冷え」を持っているという事ですから。。。
[PR]
by fushigi.chan | 2006-01-11 22:24 | health

インフルエンザ予防接種

先日、会社で「インフルエンザ予防接種」の半強制的接種命令がでました。「インフルエンザ予防接種補助金制度」の名の下、会社が6割負担するとの事。
私は、以前からワクチンに対してかなり不審を抱いてます。実際、しなくてもかからない人がいたり、してもかかかったり。そもそも人間の体に無いものを身体にわざわざ住まわせるのですよね?!今はいいかも知れない。でも、今後、人間の体にドンドンそういった化学的な?!物質が溜まっていって例えば世代を超え人間の体に異変が起こるかも。遺伝子組み換え作物や食品添加物の摂取によるといわれている病気、アレルギー等も同じ事。私には、予防接種は"馬の耳に念仏"状態。反社会的かな、私(笑)。予防接種の強制的推進をするんだったら、会社の事務所にユーカリやティートリーを蒸散させ浄化させた方が、よっぽど身体にも優しいし気持ち良く仕事が出来ると思うけど...(笑)
でも、いまいち良くわかっていない事も沢山あるので、これから少し勉強しようと思います。「今年のインフルエンザは猛威を振るう!」とかって、今後ずっと花粉症と同じくドンドン酷くなっていくに違いありませんから(^-^;)。ちょっと気になってる本と記事を載せます。

医者には聞けないインフルエンザ・ワクチンと薬

インフルエンザ予防接種批判 2003.11改訂

インフルエンザ脳症?解熱剤の副作用というのが世界の常識
[PR]
by fushigi.chan | 2005-10-28 13:20 | health

人体解剖ビジュアル 松村 譲児著(医学芸術社)

b0060647_12543894.jpg遂に買ってしまいました。
アロマ関係の、例えば検定テキストやアロマテラピー・バイブル。他、体に関連する書籍等、良くてカラーの簡略した解剖図が載ってますが、いつもいまいち不鮮明だったり分かりにくい図であったりします。この本、ちょっと前から目をつけてはいたのですが、今の私にここまでの解剖図が必要なのか?という気持ちもあり、尻込みをしていたのです。でも、いろいろな事を詳しく知りたい!という考えに枠は無い!と思い…。
大型本なので、余裕を持って見る事が出来る。解剖写真ではなくて、フルカラーのイラストによる解剖図で分かり易い。難しい事は全然分からずイラストばかりを見ていますが、今の私にとってはそれだけでも価値があります。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-10-22 12:52 | health

「代替医療のすすめ」 渥美和彦&廣瀬輝夫対談録(日本医療企画)

つい最近読み終えた本。気になるニュースを見てフト思い出した事があったので載せました。



この本の中で「脳死臓器移植はどんなに努力しても日本では1年に300例以上は絶対に出来ない」と、廣瀬先生はおっしゃっています。施行された最初の年も10例出来なかった。廣瀬先生ご自身が脳死臓器移植に反対されている方で、そういった高度先端医療に大きなお金を使うよりも、老人医療のQOL(Quality of Life)を良くする為に使った方が良い、と。
なるほど...。

asahi.comより
______________________________________________
臓器移植の意思表示カードやシールを持っていて病気やけがなどで亡くなった人が、97年の臓器移植法施行後、1000人を超えたことが17日、日本臓器移植ネットワークの調べでわかった。うち600人余りが脳死での臓器提供希望者だったが、実際に脳死判定が行われたのは40例にとどまっている。

 同ネットが医療機関や警察、患者の遺族から任意で連絡があった件数を集計し、9月末に1001件に達した。

 意思の内訳は「脳死で臓器提供する」という記載をしていた人が626人。「臓器提供しない」は1人。「心臓停止後に臓器提供する」との人が68人。不明194人、記載不備112人だった。

 626人のうち、脳死で臓器提供できる大学病院などの医療機関で亡くなったのは308人。うち、心臓が止まる前に連絡があったのは183人にとどまる。実際に脳死判定された40人以外の患者143人について、脳死判定しなかった理由を尋ねたところ、鼓膜に穴があいていて判定に必要な医学的条件を満たさないなど「脳死と診断できなかった」が92人。「家族の承諾を得られなかった」が34人などだった。

 カードの配布は累計1億枚を超したとみられるが、内閣府の昨年の世論調査では所持率は10.5%。脳死を人の死とみなすことへの異論もある。

 同ネットは「患者の意思が臓器提供に結びついていないことも多い。提供したい人にはしてもらえるようなシステム構築を望む」と話している。

<2005.10.18>
[PR]
by fushigi.chan | 2005-10-18 12:56 | health

BRIDGESTONE <クロスロード レプトス>

先月、病状が酷かった時に精神的に車に乗れない時があって、近所の自転車屋さんで衝動買いした自転車。
かなり快適な走りで、すっごく気持ちイイ。

b0060647_21194793.jpg


今でも毎週末、時間を見つけては近くの"群馬の森"へサイクリング。近くと言っても4キロ位かな〜。でも、道は平坦だし自転車なのであっという間?!。今日も夕方早い時間に行ってきました。だいぶ寒くなってきて耳がヒリヒリしますが、季節の移り変わりを風で感じながら気持ち良いですっ。今迄は何かなければ行かなかった場所だけれど、な〜んにも無くて行く群馬の森もイイものですね〜。
いつも身軽で行くので写真をご紹介できないのが残念です…。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-10-16 21:39 | health

「解剖学はおもしろい」 上野正彦著(医学書院)

b0060647_1322414.jpgベストセラー、「死体は語る」・「死体は生きている」の著者の内、1冊。監察医を長年された著者が、法医学を基に数々の殺人事件や事故の症例・体験事例を交えながら解剖学について分かり易く書いてます。

人間の身体って、健康である事って素晴らしい!と。いろいろな事例を読むにつけ、人間の体って素直なんだな〜と実感している私。アロマテラピーも解剖学とは無縁ではありませんから…。ただ体の器官を覚えたりするだけではなく、いろいろな角度から情報を得ていく方が理解も深まるので。そんな私の目に留まった1冊です。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-10-12 13:02 | health

お礼。

8月から始まった病。沢山の方からご心配のお声をかけて頂き、本当にありがとうございました!症状も退き、現在は回復後の体調維持の為、漢方を未だ飲み続けている状態。

そんな中、療養中から〜又、最近諸事情によりいろいろと忙しくなり、ブログ更新もあまり出来ずに…。一時期ヤメようかと思いましたが、とりあえず私の軌跡として残そう!と思いまして。
今後は、かなり不定期にブログ更新予定です。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-10-09 00:07 | health


カテゴリ
以前の記事
Link
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧