I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2007年 08月 26日 ( 5 )

Vénus de Milo

大理石といえば…、これは勿論外していません『ミロのヴィーナス』。
見てきました。
なんか...、こう...、地中海の大海原.....、神々しさと紀元前の歴史を感じました。

b0060647_2273378.jpg


日本は凄いですよね。ルーヴルを出て海外へ渡った事があるのは、私の生まれる10年前に京都で特別展示された時、ただ一度だけと。う〜ん、なんで日本はそんなに???
フト・・・、日本にいるという事は本当に恵まれた環境であるという事なんだよね〜って。


〈Wikipediaより抜粋〉
ミロのヴィーナスは、ギリシア神話におけるアフロディテの像とされている。
高さは203cm。材質は大理石。紀元前130年頃に、Alexandros of Antioch によって作成されたと考えられている。
1820年4月8日に小作農であったヨルゴス(Yorgos)によって、エーゲ海のメロス島で発見された。彼は最初、官吏に見付からぬようにヴィーナス像を隠していたが、トルコ人の官吏に発見され没収された。後に、海軍提督ジュール・デュモン・デュルヴィル(Jules Dumont d'Urville)は、この像を見て価値を認め、フランス大使に頼みこんでトルコ政府から買い上げた。これは修復された後に、ルイ18世に献上された。ルイ18世は、これをルーヴル美術館に寄付し、現在でもそこで管理されている。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-26 22:14 | France

Musée du Louvre ~un petit cadeau 2~

これ、大理石ですよ。
このドレープの質感がなんだか素晴らしい!と思って.....。

b0060647_2159458.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-26 22:00 | France

Musée du Louvre ~un petit cadeau 1~


b0060647_2151782.jpg

[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-26 21:54 | France

光の魔術師 "Georges de La Tour"

b0060647_21283458.jpg

Saint Joseph charpentier, 1642, Louvre


"Georges de La Tour"、ラトゥール、私がちょっと気に入っている画家。好きだなと思う絵は限られるのですが。ルーブルでまさかオリジナルを見る事ができるなんて!というか、フト見た瞬間、アレ? La Tour??もしかして、私の知っている La Tour???感激!でした。私のなかでは光の魔術師。

"Saint Joseph charpentier"は、日本語では『大工の聖ヨセフ』。ろうそくの雰囲気、女の子の手からもれる光・・・、なんとも美しいと思いませんか?!是非、ルーブルで見て頂きたいな〜と思う画の一つです。全体像は、こんな感じ(↓)。

b0060647_21285273.jpg



〈Wikipediaより抜粋〉
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(Georges de La Tour,1593年3月19日 - 1652年1月30日)は、現フランス領のロレーヌ地方で17世紀前半に活動した画家である。
ラ・トゥールは生前にはフランス王ルイ13世の「国王付画家」の称号を得るなど、著名な画家であったが、次第に忘却され、20世紀初頭に「再発見」された画家である。残された作品は少なく、生涯についてもあまり詳しいことはわかっていない。作風は明暗の対比を強調する点にカラヴァッジョの影響がうかがえるが、単純化・平面化された構図や画面にただよう静寂で神秘的な雰囲気はラ・トゥール独自のものである。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-26 21:45 | France

La Joconde

ここ、ルーブ美術館で一番格別な扱いを受けているのが…、そう『モナリザ』です。フランス語では、『モナリザ』の事を『La Joconde』と言います。
因に、防弾ガラス付き防犯ケースなんですよ、コレ(↓)。午前中早めに行ったので、これでも未だ空いているそうです。モナリザを見る場合は、皆さんどうぞお早めに・・・。

私が生まれた年、『モナリザ』は東京国立博物館にきているのですね。これも大変興味深い事実です(笑)。フランスから国外に持ち出されたのは2回。アメリカと、日本とモスクワの巡回。その巡回の際、なんと50億円の盗難保険がかけられたとか。

b0060647_2053020.jpg

 
b0060647_20532111.jpg


モナリザをよ〜く見て下さい。
何か気がつきませんか???
そう・・・

眉が無い!

のです。知ってました???


〈Wikipediaより抜粋〉
イタリアの美術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた油絵。内観的な表現をもって黒い衣装を着た一人の女性が、わずかに微笑んだ半身の肖像が描かれている。おそらく歴史上最も有名な肖像画であり、これほど賞賛、模写されてきた絵は他に例を見ない。レオナルドは1503年にこの絵を描き始め、3年かおそらく4年後まで筆を入れた。
[PR]
by fushigi.chan | 2007-08-26 21:12 | France


カテゴリ
以前の記事
Link
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧