I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

"Cyclamen" シクラメン

イギリスへ行ってびっくりした事。
シクラメンが普通に咲いていた事(笑)。
何故かって、シクラメンは日本固有の花だとばかり思っていたのです。この時期、クリスマスに合わせるかのように姿を見せ始めるシクラメンは、日本における冬の風物詩。小さい頃から、それこそず〜っと見てきてて、且つ、日本の雰囲気にピッタリの和の花でしかなかったのです。
それが...今迄の私の常識を覆すが如く、ロンドン然りレイコックでも普通に民家の軒先に綺麗に植えられていて「え〜〜〜?!」。

俄然、興味をそそられまして調べましたところ・・・

シクラメンは、元々地中海沿岸・トルコからイスラエルにかけて原種が自生。花はあまり興味は持たれず、その球根等が食用とされていました。有毒成分があるにも関わらず...。どうやら、球根のでんぷん質が摂りたかったから、らしい。
大航海時代に中南米からジャガイモがもたらされた事により、食用の習慣は無くなったそう。なかなか面白い(笑)。

日本へは明治時代に伝えられました。しかし、元々カラッとした土地が原産の為、高温多湿な日本の気候には合わなかったのですね。品種改良が進められ...、今や鉢植え植物ではトップクラスの生産量。
花が少ない冬の寒い時期に、パッと目を引く鮮やかな彩り&この時期ピッタリの(一般的?!代表的?!には)赤&緑のクリスマス色。加えて、シクラメンの姿が和の雰囲気に合う。だったからなのではないでしょうか?!それで、ドンドン定着していったのカナ。

『シクラメン=和』は、私だけの幼少時からの変な?!固定観念だけかもしれませんが。今では『シクラメン=グローバル・フワラ〜』に感覚はガラッと変わり、そういう目でも見る様になりました。
花屋さんや、ホームセンターで大量に販売されているシクラメンを見ても『シクラメン=和(日本独自:独特)』には結びつかず...。

いろいろな角度からモノを見られる事ってホント楽しくて面白い!どれだけ、日々の生活の中で凝り固まってモノを見ているかって事です。


↓コッツウォルズのレイコック村にて。民家の窓辺。
b0060647_1549352.jpg


[PR]
by fushigi.chan | 2006-12-24 16:29 | natures
<< May you have a ... こころの道 >>


カテゴリ
以前の記事
Link
お気に入りブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧