I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ARNAUD NOUVEAU

掲げられているPOPに一歩一歩近づき… ヒャァ〜〜〜〜〜〜。
『NOUVEAU解禁!』
なんてこと。
なんで『BEAUJOLAIS NOUVEAU解禁!』じゃないの〜!でした。
「こっ…これ…去年と同じワイナリーのですよね?!」
店員さん捉まえてお尋ね。
「ハイ♪そうですよ。ただ、去年とは配合が違ってきますけれどね。それぞれの葡萄の出来具合をみて毎年変わりますから。」
と。アヒャッ(苦笑)。
去年のは『ARNAUD』のヌーヴォーでした。店員さんの話によると…
「アルノーは南フランスなので、ボージョレより葡萄の収穫時期が早い為、船便でも解禁に間に合うのでお安く提供できるんですよ♪ボージョレとは品種も違います。今年は、シラーの割合が多いです。」
うっ…シラーと言われてもね…分からないっ。
気になって気になって、もう一度味を確かめたい!と思い、買っちゃいました。その後、新たな衝撃を受けるとも知る由もなく…。
早速、頂く。アレ?!去年とは又全然違う!去年はもっとフレッシュさがあった気がしたんだけれどな。そして、25日の真夜中に開栓したボージョレを飲む。あれ?!一昨日とも昨日とも又味が違う…。日にちが経って、フルーティーさが増した感じ。そんな事ってある???
あ〜、又、幻の味が増えた。でもでも。。。

「おっ…面白い!」

なんだか、今日ほど改めてワインの面白さを知った日はおそらく初めてかと。だいたい、一人で飲もうとするのに(ほぼ)同時に2本なんて買わないし、こういうかたちで飲み比べをすることなんてないですからね。しかも、ヌーヴォー。ヌーヴォーって味が変わりやすいとか?!(笑)。フレッシュの競演。例えば、今迄、1本買ってきて〜ほぼその日だけ飲んで後は料理に使う。バーに行ったりして「これはどこどこの何年の」とかってあって、ほ〜そうなのか(笑)って飲むことはあっても。
でも、いわゆる幻の味って(当たり前かもしれないけれど)食の世界の「一期一会」であって、いつそういうモノに出会えるか分からない。決して、お金で決まる価値でも無し。その時、そのタイミングやいただく環境を、その時その時を大切にしていかないと後悔するよね…って、改めて思ってみました。タイミングとは、自分の経験年齢であったり然り。体調如何もあったりしますケド。。。

b0060647_217066.jpg

あっ、そうそう。グラスによっても味って違ってくるんでしたっけ?!手前がボージョレ。後ろの大きいのが今日買ったアルノー。。。といったグラスで今日は飲んだのですが。
[PR]
by fushigi.chan | 2006-11-27 21:39 | foods
<< English break f... CAVE DE BEL-AIR... >>


カテゴリ
以前の記事
Link
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧