I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

臭橙 'kabos'

学名   : Citrus sphaerocarpa
科名   : ミカン科
原産国   : 日本(大分県)

抽出部位  : 果皮
抽出方法  : 圧搾法

主要成分 :
β-ピネン、d-リモネン、β-ファルネセン、デカナール
オーラプテンetc...
(購入した精油の成分一覧より〜多い順に)

香 :
フレッシュな青みがかった癖の無い香り。
カボスそのもの(w)

・リフレッシュ感
・発ガン性因子の不活性化
・血圧降下作用
・成分劣化(酸化)が早い為、開封前後要冷蔵。
・光毒性有り

---------------------------------------------------
先日、祖母にカボスの精油をプレゼントしました。祖母の世代には馴染みやすいかな〜と。といっても、祖母は自ら精油を楽しんだりするような性格の人ではないので…「おばあちゃんの家に行ったら、たまにはこういうので香りを楽しんでみるのはどう?!ってルームスプレーしてきてね。」と母に託してきました(^^;)。
何故カボスかというと…去年の11月頃に大腸ガンの手術をしたのです。手術は成功してその後転移も無く順調にきているのですが、ここにきて精密検査を拒絶しているのです。詳しい事は知らないのですが、その検査がかなり苦痛を伴うものである、とか。以前に受けたその検査のトラウマが拒絶の理由だそう。
「もしその検査をしない事によって重大な結果を引き起こしても悔いは無い、それでも良い。今、私はこんなに元気だよ!」と言い切ったそうです。
確かに、すこぶる元気なのは見た目にもよく分かるんだけれど。はぁっ...本人はそうは言っても、周りはあまりに複雑な心境を抱えます。本人の意思を尊重するのが本人の為だとは分かりながらも苦しい。
QOL...、アロマテラピーが祖母にとって心地よい時間を与えられるのであれば…。

森林浴、がん抑制に効果 免疫細胞の働き高まる
自然は偉大!!!自然を大切に環境を守る事は、自分の身体を大切にする事と変わりはありません。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-10-23 13:26 | Aroma&homeopathy
<< クラリセージ 'Cla... 人体解剖ビジュアル 松村 譲児... >>


カテゴリ
以前の記事
Link
お気に入りブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧