I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フランキンセンス 'Frankincense'

学名   : Boswellia carterii : Boswellia thurifera
科名   : カンラン科

産地一例 :
ソマリア、エチオピア、イラン、レバノン、エジプトetc... 

抽出部位  : 樹脂
抽出方法  : 水蒸気蒸留法

主要成分 : α-ピネン、リモネン、p-シメン、ボルネオールetc...

香 :
・スパイシーで温かな香り
・柑橘系やハーブ系のフレッシュな香りとは又違う、
 爽やかさがある(私談)

心 : 抗うつ、鎮静

体 :
去たん、抗炎症、細胞成長促進、強壮、収れん、消毒


・このフランキンセンスは別名含めて3種類!
 それぞれの<言語>と、その言語として持つ”意味”。
   Frankincense <中世フランス語> 
     ”本当の香り、純粋な芳香”
   Olibanum <ラテン語> ”レバノン産の油”
   乳香/薫香 <中国語>

・人類史上、最も古く(5,000年以上前)から珍重された香料。
・↑香料の元祖である。
・樹皮に傷をつけると白い樹液が滲出しやがて固まり、黄色い透明感のある樹脂になる。

・エジプト第四王朝時代(紀元前2,600年頃)のスネフェル王のピラミットの壁に【天よ新しき乳香を持ちて降らせたまえ、ホルス王スネフェルのやねに香を注ぎたまえ】という記述があった。

・イエスキリストの誕生時、ミルラと黄金と供に捧げられた。

・サンダルウッドと同様、宗教儀式や瞑想に利用されてきた。
・仏教の聖典「法華経」に登場する”薫陸香”とは、このフランキンセンスの事。

---------------------------------------------------

学名とは…生物につけられた世界共通の名称。ラテン語表記。この規則は、それぞれの生物分野の命名規約により取り決められている。基本的には、1つの種に対し有効な学名は1つだけ。学名は、「属名+種小名」で構成。属名の頭文字のみ大文字で、以降全て小文字。
しかし、何故世界共通がラテン語表記?!
古代ヨーロッパ時代確立されたから、とか?!

精油のラテン語表記が読めない!というのが多々あって苦労しているのです。こんな感じかな〜?!って思っても、間違って覚えても困るし。。。読めれば覚えやすいのですが、読めないと覚えるに覚えにくい。
因に、"Boswellia carterii"は、「ボスウェリア・カルテリー」といった感じ。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-10-31 13:17 | Aroma&homeopathy
<< 花粉症緩和米 インフルエンザ予防接種 >>


カテゴリ
以前の記事
Link
お気に入りブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧