I love the Earth


"Merci beaucoup!" et... Exécutons-nous!!
by fushigi.chan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

W・A・S・A・B・I

本日の夕食はカツオのお刺身。
カツオの栄養素的効用は〜ストレス、貧血、高血圧、DHAが多い事から確かボケにも良かった気がする…という事で、フト思い出しなんとなく魚屋さんで手に取ってしまった。
一年の始まり、最初からストレス抱えては…と(笑)

山葵が無かったので、一路スーパーへ。
先ずは生ワサビ→ちっちゃくて1本398円。そして、チューブ入りのワサビ。裏面を見ると添加物のオンパレード。原材料に本ワサビとか、西洋ワサビとか。安いもので200円位のものから。

本ワサビ:
冷涼な気候を好み全国各地の谷間に自生したり、渓流に造成されたわさび田で栽培される。水がきれいで水温が年間を通して13〜16Cであり、水の量や流れの強弱が一定で、日差しをさえぎるための落葉樹があるなど様々な条件が揃った土地でないと育たない。一般的にワサビと言えば本ワサビを指してますよね。

西洋ワサビ:
気候温和な東ヨーロッパ一帯が原産地。日本では北海道などで栽培されていて、ワサビダイコンともいう。根は大きいもので長さ30センチ。根をすりおろしたものは白く、粘りは少なくシャープな辛味が特徴。辛さは本ワサビの約1.5倍。本ワサビとは全くの別物。

一般的に、「ワサビ」として売られているチューブや粉は西洋ワサビが使われていて、白さや特有の香りを持つ為、それをカモフラージュ(?!)すべく沢山の添加物が使われています。最近は原材料に本ワサビと記載されているモノもありますが、西洋ワサビ含有だったり、本ワサビのみでも添加物数種含有。ワサビダイコン(西洋ワサビ)は育てやすく値段も安い為、大量に作るにはもってこい!でもこのチューブ入りや粉、本来の山葵の味・風味は全くありません。

やっぱり、お刺身は“山葵”で食べたいですよね!
勿論、398円のちっちゃい生ワサビを買いました。やっぱり、ワサビは生!“山葵”でなくちゃ!

情報:松井田の五料の直売所にも、松井田の山奥の清流で栽培されている本ワサビが販売されています。
[PR]
by fushigi.chan | 2005-01-05 01:17 | foods
<< サケ? 鮭? 秋鮭? 紅鮭? ... 遠い未来、地球上は女ばっかり?! >>


カテゴリ
以前の記事
Link
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧